嵐・二宮和也、ダンスの覚え方のポイント明かす「宿題と一緒」

嵐・二宮和也、ダンスの覚え方のポイント明かす「宿題と一緒」

嵐・二宮和也、ダンスの覚え方のポイント明かす「宿題と一緒」の画像

【モデルプレス=2019/12/23】嵐の二宮和也が22日放送の自身がパーソナリティを務めるラジオ「BAY STORM」(bayfm/毎週日曜よる10時)にて、ダンスの覚え方について持論を語った。

◆二宮和也、ジャニーズJr.時代についた癖を告白

この日、リスナーからダンスの覚え方を質問された二宮は、数や体質もあると回答。時間をかけてやる人と、すぐ覚えられる人の体質の問題はあるとしつつ「でも俺はそんなに時間かからない」と告白。

質問について「考えたことがなかった」としばし考えをめぐらせた二宮は、「でも宿題と一緒ですよ。結局やらないと怒られてたから、ずっと」と話し、続けて「『怒られたくない』って一心でやってました、Jr.の頃。そこの元があるんじゃないかな、『早く覚えなきゃいけない』みたいな」とジャニーズJr.時代に早く覚える癖がついたことを語った。

◆二宮和也、自身のダンスの覚え方を明かす

二宮は「割と写真的に覚える人間なので」と自身の覚え方を告白。見れば見るほど覚えていくといい、「YouTubeとかでゲーム実況とか観てるじゃないですか。『このパターンのときのパズルの組み方、これさえ覚えればいけます』みたいなやつって覚えるじゃないですか、動き方を」とゲーム実況を例に挙げた。

さらに「観てはやって、観てはやるじゃん。それが踊ってるかパズルやってるかの違いなだけでしかなくて。観れば観るほどうまくなりますよね、パズルが。その原理なんだと思うな」と持論を展開。「観てれば何をやっているかがわかって、何をやっているかがわかれば、何をしたらいいのかわかるから、観続けて覚えてるんだろうね」と覚え方のポイントを明かした。(modelpress編集部)

情報:bayfm

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)