草なぎ剛主演舞台「家族のはなし」東京公演決定 新キャストも発表

草なぎ剛主演舞台「家族のはなし」東京公演決定 新キャストも発表

片桐仁、草なぎ剛、小西真奈美(提供写真)

【モデルプレス=2020/01/21】昨年5月に京都劇場にて上演された草なぎ剛主演の舞台『家族のはなし PARTT』が4月24日から東京建物 Brillia HALLにて上演されることが決定した。

広告界の俊英、中治信博(淀川フーヨーハイ)と武尾秀幸(あべの金欠)。本業の傍ら、2人は、「満劇」(満員劇場御礼座)という劇団で、年1回、20年以上、東京、大阪でコメディの上演を続けている。広告界で発揮されている彼らの魅力と実力を演劇に生かさない手はない、と、企画が立ち上がり、「満劇」の作品の中でも“笑って泣ける”と特に好評な短編に2作を、草なぎ剛版としてヴァージョンアップし、2019年5月に京都劇場にて上演してきた。

『バリーターク』(白井晃演出)、『道 LaStrada』(デヴィッド・ルヴォー演出)、『アルトゥロ・ウイの興隆』(白井晃演出)で演じたハードな役柄とは一転、自然体で優しい草なぎの演技が光り、そのふり幅の広さ、自在さを証明した舞台に。また、小西真奈美をはじめ、実力派の共演者たちとのチームワークも素晴らしく、わかりやすく軽やかで心がほっこりする「良質な舞台」と好評だった。

そして今作からは新たに片桐仁が加わり、さらにブラッシュアップされ、東京での上演が実現する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)