「スーパー戦隊」出身の南圭介&小宮有紗、「仮面ライダーゼロワン」出演決定

「スーパー戦隊」出身の南圭介&小宮有紗、「仮面ライダーゼロワン」出演決定

小宮有紗、南圭介 (画像提供:テレビ朝日)

【モデルプレス=2020/01/26】2月2日放送のテレビ朝日系「「仮面ライダーゼロワン」の第21話『異議アリ!その裁判』(あさ9時〜)に、「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017年2月〜)の鳳ツルギ/ホウオウソルジャーを演じた南圭介と、「特命戦隊ゴーバスターズ」(2012年1月〜)で宇佐見ヨーコ/イエローバスターとして活躍した小宮有紗が、ゲスト出演することが分かった。

ZAIAエンタープライズ社長にして仮面ライダーサウザーに変身する天津垓(桜木那智)の登場で、2020年から新たな局面を迎えている『仮面ライダーゼロワン』。主人公の仮面ライダーゼロワンこと飛電或人(高橋文哉)が社長を務める飛電インテリジェンスが開発、運用を進めるAI(人工知能)ロボ・ヒューマギアと、ZAIAが開発した人工知能と同等の思考能力を人間に与える次世代インターフェース「ザイアスペック」、そのどちらが優れているのかを競う「お仕事五番勝負」が展開されている。

これまで「生け花対決」「住宅販売対決」が行われたが、ZAIAエンタープライズのザイアスペックが2連勝。負ければZAIAに買収されてしまう飛電インテリジェンス、或人社長にとっては苦しい戦いとなってきた。

◆ホウオウソルジャー南圭介が弁護士に

そして、21話では、結婚詐欺事件を裁く法廷を舞台にした「裁判対決」がスタート。飛電インテリジェンスの弁護士ヒューマギア・弁護士ビンゴ役を南が演じる。

すべての法律と判例を記録し、瞬時に検索する能力を誇るAIロボ・ヒューマギアのビンゴ。今回は相手のウソを高確率で発見するシステムを利用し、被告人の犯行を否認する供述を真実であると確信、無罪を勝ち取るため戦う。

『キュウレンジャー』では、12人目の戦士として登場し、ホウオウソルジャーのカラーや威風堂々たる出で立ちから“2人目のレッド”として人気を獲得した南。自らを「俺様」と呼び、「刮目せよ!」「なんてこった!」という口癖で尊大な振る舞いも見せていた鳳ツルギだったが「ゼロワン」では、弁護士ヒューマギアとして活躍する。

◆小宮有紗、大人の女性に成長

一方、小宮は、結婚詐欺にあったと被告人を訴える原告・海老井千春役。被告人のプロポーズを快諾したものの、その後の彼からSNSで送られてきたメッセージに従い大金を騙し盗られた犯罪被害者。裁判では証拠となるSNSのメッセージを提出、ビンゴを窮地に追い込む。

小宮も『ゴーバスターズ』のヨーコは、気が強く口が悪い生意気な高校生だったが、結婚詐欺に騙されてしまうような大人の女性に成長。裁判シーンでは、信じていた被告人に騙された悲しい心情を切々と訴えるのか、それともヨーコばりの気の強さを発揮するのか見どころとなる。(modelpress編集部)

■小宮有紗コメント

海老井千春役の小宮有紗です。はじめましての方も、お久しぶりな方もいらっしゃると思います。今回「仮面ライダーゼロワン」にゲストで出演させて頂きます。

南さんも出演されるということで、とても懐かしい思いと共に凄く緊張したのですが、現場に行くと当時のスタッフさんもいらっしゃって、レギュラーキャストの皆さんも温かく迎え入れてくださったので、すっと現場に溶け込ませていただきました。

特撮ヒーローには度々参加させていただいておりますが、初めて人間の役ということもあり、今までとは違う感覚も楽しみながら参加させて頂いたので、放送を楽しみにしていただけたら嬉しいです。

■南圭介コメント

「キュウレンジャー」ぶりに日曜日のヒーロータイムに戻ってこられた事、初めての「仮面ライダーシリーズ」に出演出来た事、本当に嬉しく思います。撮影現場では、杉原監督はじめ「キュウレンジャー」でお世話になったスタッフの方々もいらして、とても心強かったです。

今回出演させていただいた回が20話目ということで、「キュウレンジャー」で僕が合流した回とも近く、その時の監督が杉原さんでしたので、このタイミングでの出演にとてもご縁を感じます。

「ゼロワン」のキャストのみんなとも撮影中は濃い時間を過ごせました。僕の好きな巨大仏の話も聞いてくれました(笑)。みんなありがとう(笑)。「ゼロワン」キャストの皆さんと出会えて、ビンゴという役に出会えて本当に感謝しています。皆様!是非、刮目お願い致します!!

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)