キスマイ玉森裕太&北山宏光、“友達の線引き”に持論

キスマイ玉森裕太&北山宏光、“友達の線引き”に持論

キスマイ玉森裕太&北山宏光、“友達の線引き”に持論の画像

【モデルプレス=2020/02/13】12日深夜に放送されたKis-My-Ft2のラジオ番組「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」(文化放送/毎週水曜日24時5分すぎ)に、北山宏光と玉森裕太が出演。友達の線引きについて持論を明かした。

◆玉森裕太、友達の線引きが曖昧

この日の放送では、友達はどのラインからか?という話題が繰り広げられた。玉森は「ちゃんと話せる人かな。本音で。ちゃんと思ったときに何か言えて、喧嘩できるくらいの人がいいかなと思う」とコメント。そういう友達はいないのかと尋ねられると、地元の友達は昔から一緒にいるのでもちろん信頼はあると言い「いろんなところでいろんな出会いがあるじゃない。それは友達になるのか、知り合いになるのか、はたまた他人のままなのか。わからないですよね」と友達の線引きに疑問がある様子だった。

食事だけ一緒に行く人は友達ではないのではないかという玉森に北山は「ボーダーラインの引き方を変えてみたらどうですか?地元の仲間は親友。そうしたら友達の物差しがもうちょっと広い範囲にいくんじゃないですか?」とアドバイス。それでも玉森は「友達っていうのが曖昧なのよね。なんかふわーっとしてるなあ、って。まさに俺みたいって感じ」と吐露していた。

◆玉森裕太、北山宏光の食事の人数の規模に驚き

一方、北山は友達の線引きはあまりしないそうで、10人近くで食事に行くこともあると告白。それを聞いた玉森は「10人近くでごはん食うの?騒がしくない?」「すごいね、10人って俺打ち上げレベルなんだけど、規模が」と驚いていた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)