Matt、ジェジュンとの初デュエット披露 “Matt化”ブームまでの苦悩も語る

Matt、ジェジュンとの初デュエット披露 “Matt化”ブームまでの苦悩も語る

Matt、ジェジュン(C)日本テレビ

【モデルプレス=2020/02/17】モデルで音楽家のMattとアーティストのジェジュンが18日放送の日本テレビ系特番「ザ・発言X」(21:00〜22:54)第7弾に出演する。

同番組では、人気芸能人総勢23名がカメラの前でポロッともらしてしまった世に出ると「ニュースになる発言」を深掘り。

歌手デビューしたMattは「メイクは歌手になるための戦略」だったことが明かされる。度肝を抜かれた「マット化」写真はSNSで拡散され一躍人気者になったMatt。だがそこに至るまでには数々の苦悩があった。好きでやっていたメイクだが、美容家のように扱われ、辛い日々を過ごしていたことを打ち明ける。そして、半年間の休業へ…だが、それは夢へと向かうための大切な準備期間だった。

◆Matt、ジェジュンと初デュエットを披露

スタジオには、Mattの夢を後押しした親友ジェジュンが登場。ジェジュンがMattの歌声を初めて聞いた時の秘話や、2人で過ごしたプライベートも明かされる。そして、初めてデュエットを披露。スキマスイッチの名曲「奏(かなで)」を2人で歌い上げるスペシャルステージ。さらに番組では、Mattの長年の夢が叶った2月14日バレンタインデーにファンの前で行われた初歌唱イベントにも独占密着する。

さらに、MCのネプチューンが10年ぶり以上となる再現コントに挑戦。Mattメイク誕生における“桑田家”を再現。スタジオで見たMatt本人も絶賛した。

そのほか田中みな実も出演。写真集が話題の田中が嫌われアナから女性のカリスマ的人気を獲得したワケは?その黒幕美女Aがスタジオに登場し、秘話が明かされる。

◆Matt初のファンミーティングで歌唱を終えてコメント

Q:ファンの方と間近で接することができてどうでした?

Matt:ファンの方々皆とても品がよろしくて…(笑)。本当に優しくて…ファンの方に直接感謝の気持ちを伝えることができて良い日になりました。

Q:ファンは女性の方が多かったですね?

Matt:やっぱり美容のこととか共有できる情報が多いからですかね(笑)

Q:涙を流しそうになった場面もありましたが…

Matt:昨年末ディナーショーで泣いてしまって何もできなくなってしまったので“今日は泣いちゃダメ”と思ってグッと堪えました。3回くらいグッときました。自分のオリジナル曲の時が特に…。

Q:涙が出そうな時は、どんな思いで

Matt:自分の作った曲をファンの前で歌うのが夢だったので…。ファンの方の中にも泣いてらっしゃる方もいたので…。

Q:次なる夢は?

Matt:今日はファンミーティングだったので、次は「Matt初ライブ」が夢ですね。

◆ネプチュ−ン久々の再現コント撮影後のコメント

名倉:今回の再現VTRコント、楽しかったですね。メイクしている時間も楽しいし、やはり3人で遊びながらできるのは非常に楽しかったです。こういう形でやるのは、もう十何年ぶりになるんじゃないですかねぇ。

Q:久しぶりにやって手ごたえはどうでしたか?

名倉:手ごたえは、テレビをご覧の皆さん見ていただいて決めてもらうしかないですね(笑)

原田:もう、あっという間でしたね、楽しかった。

堀内:またやりたいという感じです。でも、やっぱり久しぶりだから、どういう感じだっけ?みたいな感じで、探り探りでやっちゃった感じですね…(笑)

Q:今回の再現コントのみどころは?

堀内:そうですね、みんな頑張った「3人のメイク」ですね。

名倉:どれだけ本人に近づけるかっていうのがテーマだったので、結構、Matt役は近づいたんじゃないかな…顔的にね(笑)演技的には全然キャラクターが違うかもわからないですけど。

堀内:たぶん名倉潤ちゃんは、日本でMattメイクしたら、Mattに近づける顔の上位にいる顔だとおもうんですよ、だから期待してほしいですね!結構かわいくなったので!

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)