優香「Qさま!!」に電話出演 乃木坂46高山一実と初対話で“MC心得”伝授

優香「Qさま!!」に電話出演 乃木坂46高山一実と初対話で“MC心得”伝授

さまぁ〜ず、高山一実、優香(C)テレビ朝日

【モデルプレス=2020/05/18】18日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(よる7時〜9時48分)は、放送開始15周年記念。育休中の優香が電話で出演し、新MCに就任した乃木坂46の高山一実と初めて対話をする。

今回は、「今では見られない!?あの人気芸能人がこんなコトやってました!最初で最後のマル秘映像SP」と題し、懐かしの映像満載を公開。

番組がスタートした2004年。同番組は現在の学力クイズバラエティーのスタイルではなく、芸人たちが毎回、様々なロケに行ってクイズを作り、それが面白いかどうかをプレゼンする番組だった。今回はそんな番組開始当初の数あるクイズプレゼンの中から、スタッフが厳選した貴重VTRをまとめた。

◆高山一実「全然違う番組みたい」

青木さやか、アンタッチャブル、ロバート、南海キャンディーズ…人気、勢いともに今で言えば“お笑い第7世代”のような存在だった彼らが思いっきり体を張って臨んでいた同番組のクイズロケ。「初期の名作クイズ」とも言われている、アンタッチャブルによる冷水の“ニセ温泉”を見極めるクイズや、ロバート・秋山が10mの水槽に潜って凶暴なサメを接写する命がけのロケ、本気でプロボクサーを目指すロバート・山本博が、プロテストに合格して壮絶なデビュー戦を迎えるまでの姿に密着した感動物語、まだブレーク前だったオードリー・春日俊彰が日本ランキングの上位に食い込むスーパー記録を出していた潜水企画(さらにその場には若林正恭の姿も)など、これでもかというほどの秘蔵ロケ映像が登場する。

さらに、同番組ロケ史上No.1の傑作との呼び声も高い、伝説の「解散ドッキリ」も。「もしも相方に突然“解散”を切り出されたら、果たして応じるのか?」タカアンドトシ、スピードワゴン、南海キャンディーズ、安田大サーカスら、人気芸人たちのコンビ・グループの絆が再確認できる感動企画が、いま甦る。

アンタッチャブル、オードリー、ロバートらもリモートで出演し、当時を懐かしく回顧。「よくこんなことやっていましたね!」と楽しく思い出を語り合った。今や売れっ子になってしまった芸人たちが「こんなことに挑戦していたの!?」というような驚きの映像が続々。今では実現不可能なロケばかりだった同番組に、新MCに就任したばかりの高山もビックリ。「これは『Qさま!!』なんですか?全然違う番組みたい(笑)」と驚きながらも、懐かしいロケVTRをさまぁ〜ずらと楽しく鑑賞する。

さらに、『Qさま!!』の中でも“問題作ドッキリ”と話題だった「もしもアイドルが、水泳対決でマネージャーから“絶対勝っちゃダメ”と言われたらどうする!?」を見た高山。現役アイドルとして、高山はいったい何を思うのか?

◆高山一実、優香と初対話

そして今回の3時間スペシャルには、ママになったばかりの優香も電話で出演。“兄貴分”でもあるさまぁ〜ずの2人に、出産を初報告する。

また、産休・育休中に代打を務めてくれている高山とも初対話。先輩MCとして高山に“『Qさま!!』MC心得”を伝授する。憧れの優香との初対話に高山は、緊張しすぎて思わず変な挨拶を!?そんな可愛らしい面を見せた高山に優香は「万が一(さまぁ〜ずに)変なことされたら言ってくださいね!」と優しく声をかけてあげる場面も。

そんな優香の懐かしい映像もたっぷり。オリンピック金メダリストのカール・ルイスとのガチンコ鬼ごっこで激走を見せる姿や、優香が仕掛けた大胆なドッキリ企画「もし優香が目の前でオナラをしたら、どうする?」も。伝説とも言えるドッキリ企画で、さまぁ〜ず・三村が見せた優しいフォローとは?長年一緒に番組をやってきたさまぁ〜ずと優香だからこその強い絆に、爆笑しながらも心が温まる。さらに優香・さまぁ〜ず、Qさま!!レギュラー全員と、ゲストの志村けんさんとで行った「プレッシャーボウリング」も放送される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)