AKB48柏木由紀「ポニシュ」「大声」完全再現に反響「エモい」「神企画」

AKB48柏木由紀「ポニシュ」「大声」完全再現に反響「エモい」「神企画」

柏木由紀(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/06/17】AKB48の柏木由紀が16日、YouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」にて、同グループの楽曲「ポニーテールとシュシュ」「大声ダイヤモンド」の当時の衣装を着たダンス動画を公開し、反響が寄せられている。

◆柏木由紀、当時の衣装で完全再現

柏木は、「『踊ってみた動画』を衣装を着て踊りたいと思います!」とし、当時の衣装や振り付けのポイントを紹介。

まず、2010年発売の「ポニーテールとシュシュ」の衣装で登場した際、「AKB48の衣装の中で1位2位を争うくらい大好きな衣装です」と明かし、シュシュのヘアアレンジが目立つように後ろ姿が白で統一されていることや、ベルトの色や身につけている箇所がメンバーによって異なることなどの裏話も語っていた。

そして、同曲のダンスをフルで披露すると「結構ごまかしながらやってるのがバレちゃったかもしれない」とお茶目に明かしながらも、アイドルらしさ全開で踊りきった。

◆柏木由紀「大声ダイヤモンド」は前田敦子の衣装で登場

次に、2008年発売の「大声ダイヤモンド」では「コスプレ〜〜助けてみんな!」と恥ずかしそうな様子で登場。当時はジャケットなしの衣装だったことから、同曲でセンターを務めていた前田敦子のジャケットをこの企画のために借りたそう。

ダンスを披露する場面では、“柏木アレンジ”と言われる女性らしい肩や腰の角度を意識しながら、ウインクなども交え、公演さながらのパフォーマンスとなっていた。

この動画にファンからは、「当時の衣装で踊るのはエモい!」「神企画」「10年前の衣装を違和感なく着こなせるゆきりんすごい」「衣装裏話も嬉しい」といった反響が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)