星野源「逃げ恥」から続く脚本・野木亜紀子氏への信頼「なんのためにこの物語を世の中に放つのか」綾野剛も自信<MIU404 インタビュー中編>

星野源「逃げ恥」から続く脚本・野木亜紀子氏への信頼「なんのためにこの物語を世の中に放つのか」綾野剛も自信<MIU404 インタビュー中編>

綾野剛、星野源(写真提供:TBS)

【モデルプレス=2020/06/26】TBS系金曜ドラマ『MIU404』(読み:ミュウ ヨンマルヨン/毎週金曜よる10時〜)でW主演を務める俳優の綾野剛(あやの・ごう)と星野源(ほしの・げん)。この度リモートインタビューに応じ、作品に込められた思いを語った。<中編>

同作は、警察内部で“何でも屋”と揶揄されながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナルである「機動捜査隊」(通称:機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す、1話完結のノンストップエンターテインメント。新型コロナウイルスの影響で一時撮影を休止し放送延期となっていたが、いよいよ待望の初回を迎える。

タイトル『MIU404』の“MIU”とはMobile Investigative Unit(機動捜査隊)の頭文字であり、“404”は綾野と星野が演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサイン。綾野が演じるのは、機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍(いぶき・あい)。一方、星野が演じる志摩一未(しま・かずみ)は、観察眼と社交力に長けているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事という役どころ。主演の2人は同局系ドラマ『コウノドリ』シリーズから2年半ぶりの共演で、今回は警視庁刑事部・第4機動捜査隊のバディ役でタッグを組む。

脚本を担当するのは『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)、『アンナチュラル』(2018年)などを手掛けた名脚本家・野木亜紀子氏。野木氏が手掛けた脚本だからこそ、そこにはただの刑事ドラマでは終わらない、“罪を犯してしまう背景”に向き合い社会問題にも切り込むメッセージが込められているという。

◆綾野剛&星野源、撮影休止中のやり取りは?

― 撮影中断の間、キャストやスタッフの方々とはどのようなやり取りをされていたのでしょうか?

綾野:「必ず再開するんだ」という気持ちを1日たりとも忘れたことはなかったですし、源ちゃんとも連絡を取らせていただいていました。時間が生まれたことによって、逆に脚本家の野木さんも良質な台本を書ける時間ができていたので、「新しい台本読んだ?」「すごいことになってるね」という話だとか、1話2話の出来上がったものを見て「これ自信をもって出していきたいね」だとか、そういう士気を上げるような連絡を俳優部でもしていました。

制作の皆さんとも連絡を取り合って、コロナに対する対策も、間違った情報に惑わされないように情報管理しながら、独自でこういうことを考えていかなきゃいけないとか、色んなことを話し合いながら、自粛中もできることをしっかりしていました。

星野:やっぱり3月末と4月頭のあの空気感は、本当に絶望的なものだったと思うんですよね。その頃僕らが大事にしていたのは、やっぱり命が1番でした。これ以上感染拡大させないということが最優先でしたし、その点でみんなで励ましあいながら、頑張ってこの時期を乗り越えて、できる時期になったらまた全力で撮影をしよう、というやり取りをスタッフ・キャスト含めみんなとしていた記憶があります。

綾野:僕たちは3月末から撮影を中断したんです。それで約2か月撮影が止まっていたのですが、劇中の自然や気候は変わりませんから、今僕が着ているこのGジャンとかも、まあまあ暑いんですよ(笑)。なので、新しい衣装の展開、この作品はトーンとして秋冬なのか春夏なのか、秋春なのかとか、改めてこの作品の持つ気候やムードみたいなものを話し合って「じゃあTシャツで」ということではなく、ムードを守り抜きながら「やや9月」とかを意識して、衣装の展開を考えていきましょうということも話し合いました。だから、緊急事態宣言が明けてから衣装を見に行ったりもしたんです。

なので基本的にはずっと「『MIU404』が再開しない」というイメージは全く無かったです。もちろん恐怖は常にありましたし、皆さんも同じように常に不安はあったと思います。でも誰かが一人ポジティブな気持ちになれば、その気持ちは必ず広がっていくのではないかと。やっぱり僕たちも家にいるから、立ち向かう体力がどんどん消耗していく中で、それでもちゃんとその体力を身に着けながらやっていくには、精神からだと思いました。そういう意味ではすごく源ちゃんにも助けてもらいましたし、スタッフの皆にも助けてもらいましたね。だからより熱量が高いのかなと思っています。

◆『MIU404』1話完結から生み出される大きなテーマも

― 今作は1話完結でありながら、全体としてつながるテーマもある、というところもポイントのようですね。

綾野: 1話完結の物語と、もう1つのストーリーが裏軸でずっと走っているんです。1話完結のゲストさんもいて、もう1つのストーリーの方のレギュラーゲストのような方もいるのですが、相当驚く方々が出てきます。もしかしたら事前予告はしない。

星野:多分“1番驚く人”は告知しないはず。

綾野:相当ビックリすると思います。僕たちからしてもすごく光栄です。役者じゃないタイプの人も出てきたりするんですよ。台本落として誰かにバレたらヤバいなと思うくらい。

星野:確かに(笑)。

綾野:今回米津玄師くんの「感電」という曲もドラマで初お披露目になるわけですが、そういったゲストの方々がたくさんいるということで、楽しみにしていただけたらすごく嬉しいです。

星野:僕が演じる志摩に関しては、なぜ彼が第4機捜に入ることになったのかというバックボーンが、この『MIU404』の本編に流れる大事なストーリーにもつながっていきます。自分の過去がどうだったのか、罪を犯してしまった人をどう社会が迎えていくのか、今自分たちが日本で生きていくうえでもっともっと真剣に考えなければいけない人権の話であったり、メディアから流れる情報だったり、様々な問題が折り込まれています。

全体を通してそういうものが少しずつ少しずつ体にしみ込んでいって、もちろん笑いながらとても楽しく観れるのですが、その楽しい中に、ふと我に返ったときにものすごく大事なことを言われた気がするというようなストーリーになっています。続けて見ていただくとより深く楽しんでいただけるドラマだと思います。

◆綾野剛&星野源が語る野木亜紀子氏への信頼

― すでに完成した数話を見られたそうですが、改めて感じる野木さんの脚本の魅力はどのようなところでしょうか。

綾野:脚本が面白いことは当然なのですが、脚本より映像化したほうが面白くなるように作られている、映像化することで完結するということが前提になっている脚本だと思います。そして、やはり重要なのは、脚本と映像が最終的に合体したときに、どれくらい強度のある形に変身させられるかということです。僕たちからすると、野木さんの面白い本を面白くできないなんて、本末転倒です。逆に言えば、脚本におんぶにだっこではなくて、この本をより良くするんだという、その質量、熱量が同居してるように感じます。

星野:僕は野木さんの作品は3作目なのですが、僕は野木さんの人間性がまず好きなんですよ。あとは表現への姿勢。野木さんって、いわゆる「ただこれをやろう」じゃなく、本当に何か伝えたいことがあったり、今みんなで考えたいことだったり、今なんのためにこの物語を世の中に放つのか、その理由がちゃんとある人です。

特に、『アンナチュラル』とこの『MIU404』はオリジナル作品という事もあるので、その想いが脚本を読んでいくたびに、どんどん深くなっていくなと感じます。それをエンターテインメントの中で、面白い2人のキャラクターや、事件や、会話のアンサンブルの中で、伝えていく。新しい脚本が上がるたびにワクワクするし、本当に面白いです。

◆機動捜査隊で描く新たな刑事ドラマ「なぜ事件を起こしてしまったのかを考えなければいけない」

― 機動捜査隊という職業についての印象を教えてください。

綾野:源ちゃんは実際に機捜の方に会っているのですが、僕は今回そういうことを全くしていなくて。「ドラゴンボール」とか、少年漫画ばかり読んで伊吹を形成していったようなところがあります(笑)。もちろん過去に色んな警察に関わる役をやらせてもらった知識も糧にですが、伊吹は初めて機捜に入ってくる立場なので、そういう風に伊吹を作っていこうかなと思っていました。

機捜というのは、分かりやすく言うと「最悪なケースになる前に止められる可能性がある」初動捜査を行うんです。すでに最悪なケースが起こってしまっていても、2次被害を止められる場合もあります。それがとても伊吹に合っているような気がしました。

つまり、事件を起こしてしまった人がどういう人なのかというよりも、なぜ事件を起こしてしまったのかということを考えなきゃいけなくて、それは警察の方々は当たり前に考えていると思いますが、刑事ドラマではすぐ犯人にフォーカスが当たってしまうと思います。でも今回は、なぜ事件を起こしてしまったのかということをすごく考えさせられるんですよね。なぜ起こさずにはいられなかったのか、なぜそこまで追い込まれてしまっていたのか。理由がないと何かを起こすことは絶対にあり得ないわけですし、その理由から目を背けてはいけないなと思わされます。

とはいえ初動だから1番生々しいものを見るわけですから、それを考えすぎてしまうと壊れてしまうと思うんです。でもそこから目を背けない姿勢でやられてるということを、機捜という部署に触れて、今僕たち自身がすごく体感させられているような気がしています。

星野:僕はそもそも、機動捜査隊という部署があることを勉強不足で知らなくて。テレビドラマだったり映画ではよく捜査一課とかが出てくるから、捜査一課のことはみんなよく見ているとは思うんですけど、その捜査一課の人たちが出ていく前に機動捜査隊の人たちが初動捜査をするということをこの作品で知りました。しかも、24時間勤務で、そこからまた数日空いて24時間という不思議な勤務体制というのも含めて、すごく面白いなと思いました。

元機捜の方とお会いして、ご飯にも行く機会があったのですが、すごく優しい方でした。でも、目の奥が命を懸けて戦ってきた人の目をされているというか、言いようのないオーラを発していて、本当に自分たちには想像のつかない、及ばない部分もあるんだろうなと思いましたね。そう思いつつも、相棒というものがいかに大事かという話をしてくれたときに、そこは自分にも分かる部分だなと思いました。相棒は、家族や親以上に1番長く一緒にいる人になるから、家族のこととか悩みとか趣味とか、何から何まで全部話すとおっしゃっていました。ずっと車で密行しているような人たちなので、主体が結構、トークなんだそうです(笑)。それもすごくドラマの中で活かせると思ったし、「例えば何を話すんですか?」と聞いたら、「好きなラーメンについて」とおっしゃられて、なんてほっこりするんだ、と(笑)。すごく人間だな、と思いますし、警察官も当たり前に人間だということがこのドラマで見せられると思いました。

◆“企業秘密”のカーアクションも

― 劇中ではカーアクションシーンもありますよね。日本のドラマであそこまで激しいカーアクションはなかなかないと思いますが、今回撮影してみていかがでしたか?

綾野:いや、すごいよね。源ちゃん。

星野:いや、すごいすごい。

綾野:やっていながら、自分たちでも驚くほどです。過去のものとは全然違う2020年のカーアクションスタイルという意味で、正直あそこまでのことになるとは思っていませんでした。重力に立ち向かっている車の能力というか、CGではどうにも出ないあの感じをしっかり描いている。僕たちもカーアクションの方々から色々ご指導いただきながらやらせていただいているのですが、めちゃくちゃ痺れます。

星野:まず1台ボコボコにしてますからね(笑)。最近のテレビドラマでは全然ないことをやってると思います。みんなで工夫をしてもちろん安全に、でも今までになく、今では中々見られないけどここでは見られる、というシーンを作るぞという情熱をすごく感じます。企業秘密くらい面白い撮り方をしてるんですよ。多分今まで誰もやってない撮り方をしているので、見たことがない映像になっていると思います。

(modelpress編集部)

◆「MIU404」第1話あらすじ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)