榊原徹士、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台に出演

榊原徹士、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台に出演

榊原徹士(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/07/12】吉本坂46のメンバーで俳優の榊原徹士が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。12日、所属事務所が公式サイトで発表した。

榊原は3日、クラスターが発生していると思われる舞台『THE★JINRO−イケメン人狼アイドルは誰だ!!−』に出演。

所属事務所は「保健所より濃厚接触者との認定を受け、PCR検査を受診した結果、陽性判定となりました。現在、保健所の指導に従い、隔離生活・治療を行っております」と現状を報告し、「また、7月10日(金)に濃厚接触者認定後、榊原徹士に接触した者はおりません」としている。

◆舞台でクラスター発生か

同舞台では、7日に出演者の1人であるSuper Break DawnのTAKUYAの新型コロナウイルス感染を公表。その後、山本裕典のほか複数の出演者及び関係者、観客の感染が続々と確認されている。

なお、同舞台には双子俳優の斉藤慶太・祥太やお笑いタレントのゆってぃ、金田哲(はんにゃ)ら多くのゲストが出演。斉藤兄弟は検査の結果、陰性だったことを報告している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)