「今日好き」紫陽花編、男女9人の恋完結 カップル1組成立

ABEMA「今日、好きになりました。-紫陽花編-」最終話 "りきのん"カップルが成立

記事まとめ

  • ABEMAの恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。-紫陽花編-」最終話を放送
  • メイはいぶきに、ひなはふゆみに告白しフラれ、るなはりきにフラれ、りきとのんが成立
  • "りきのん"カップルは沖縄と北海道の遠距離で、NON STYLE井上裕介はエールを送った

「今日好き」紫陽花編、男女9人の恋完結 カップル1組成立

「今日好き」紫陽花編、男女9人の恋完結 カップル1組成立

のん、りき「今日、好きになりました。-紫陽花編-」(C)ABEMA

【モデルプレス=2020/07/13】ABEMAの高校生による青春恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。-紫陽花編-」(毎週月曜22時〜)の最終話が13日、放送され、男女9人の恋が完結した。<※以下ネタバレあり>

◆「今日好き」紫陽花編が完結

「今日、好きになりました。」シリーズは、「運命の恋を見つける、恋の修学旅行」をテーマとして、2泊3日の中で巻き起こる、現役高校生たちのリアルで等身大な本気の恋模様を追いかけた、恋愛リアリティーショー。

今回は史上初の試みとして行った公開生オーディションを勝ち抜いたすずか(石川涼楓)ときだい(小林希大)が参加。加えて前シーズンの「青い春編」からのん(粕谷音)といぶき(木村伊吹)が継続メンバーとしてリベンジしている。

◆継続メンバーいぶき、恋の結末

最終話では、3日目の朝、最後の時間で女子が男子を呼び出してアピール。決めきれなかった気持ちを固めたメンバーもいた。

今回は女子からの告白となり、まず、メイ(武田メイ)が3日間一途にアピールを続けたいぶきに「大好きです」と告白。いぶきはひな(中野妃菜)と2人の女子で悩み続け気持ちの整理がつかなかったといい、「中途半端な気持ちで付き合うことはできないのでごめんなさい」と断った。

そして、ふゆみ(天野冬海)といぶきで最後のアピールタイムまで悩んでいたひなはふゆみに心を決め「もっとふゆくんのことが知りたいのでもしよかったらひなと付き合って下さい」と告白。しかし、ふゆみも「ひなのことを恋愛として好きになることはできませんでした」と時間が足りなかったようで、「こんな俺を選んでくれてありがとう」と2人は握手をして別れた。

◆りきを巡る三角関係

三角関係に発展したりき(糸数竜輝)にはのんとるな(羽方るな)が2人同時に告白。るなは「もしるなじゃない人を選んでも応援しています。でも最後まで奇跡は信じています。好きになれてよかったです」と健気な思いを伝え、のんも「りきのことをもっと知りたいし、のんのことをもっと知ってほしいと思います」「大好きです」とありったけの思いを口にした。

りきはのんを選び、「俺も2泊3日で恋ができるか心配だったけど、どんどん好きになって今ではもう大好きです」と笑顔で答え、2人はハグをした。

◆“画面越し”から始まったすずかの恋

オーディション時から第一印象で指名し合い、“画面越し”から恋がスタートしたきだいとすずか。すずかは100%の気持ちで、「結果がどうなってもこの旅できだいくんに出会えてよかったです」と思いをぶつけたが、きだいは最後まで遠距離恋愛や気持ちの大きさの面で不安が消えず、答えることができず。すずかは「本気で恋しました」とカメラの前で大粒の涙を流した。

メンバーそれぞれが思い詰めてしまうことが多かった今回の旅に“恋愛見届け人”であるスタジオMCのお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介は「苦しかったなあ〜」と吐露。唯一成立した“りきのん”カップルは、沖縄と北海道という遠距離となるため、「長続きして欲しい!」とエールを送った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)