石原さとみ主演ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話あらすじ

石原さとみ主演ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話あらすじ

石原さとみ/「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話より(C)フジテレビ

【モデルプレス=2020/09/03】女優の石原さとみが主演を務めるフジテレビ系木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜22時〜)の第8話が3日、放送される。

◆石原さとみ主演ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」

同作の原作は『月刊コミックゼノン』で連載中の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)。日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマ。

“アンサング”とは「褒められない」という意味で、医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちのヒューマンドラマが描かれる。

主演の石原のほか、西野七瀬、田中圭、成田凌、真矢ミキらが出演する。

◆「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第8話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取ることになった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得できない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。

販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から1名を調剤薬局の研修に出すことになったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

みどりが研修するのは在宅医療に特化した「笹の葉薬局」。みどりが「笹の葉薬局」を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう「ナカノドラッグ」の店長に指示されていた。2人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、挨拶もそこそこに2人を患者の家へと連れて行く。

仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多いことが気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)