AKB48柏木由紀、“自身最大露出”で大人の色気

AKB48柏木由紀、“自身最大露出”で大人の色気

柏木由紀(C)Takeo Dec./集英社

【モデルプレス=2020/09/10】AKB48の柏木由紀が、『週刊ヤングジャンプ』41号(9月10日発売)の表紙・巻頭&センターグラビアに登場。“自身最大露出”に挑戦し、大人の色気を見せる。

◆柏木由紀、美しい体のラインで圧倒

“夢は生涯アイドルでいること”という柏木。AKB48に所属して13年、グループ最年長でありながら、アイドルは若い方が、フレッシュな方が良いという一般的な概念を覆し、グループ内トップの人気を誇っている。

そんな“平成が生んだアイドルの中のアイドル・ゆきりん”こと、柏木が約3年ぶりに同誌に登場。2020年で29歳を迎えた柏木は、可愛らしさとともに、目を奪われるような色気を纏う。

今回のグラビアでは、前から見ても横から見ても、“圧倒的に美しい体のライン”を惜しげもなく披露。そして自身のグラビア史上、最大露出にも挑戦した。

エロスの中に漂う上品さ、柏木にしか生み出せない独特の雰囲気など、今の“ゆきりん”を詰め込んでいる。

◆ラストアイドルも登場

そして裏表紙・ピンナップ&巻末グラビアには、ラストアイドルの池松愛理、大場結女、西村歩乃果、阿部菜々実、籾山ひめりが登場。

『週刊ヤングジャンプ』『週刊ヤングマガジン』『週刊プレイボーイ』の3誌がそれぞれメンバーを選抜し、シングル『愛を知る』(2020年4月発売)の3タイプのカップリングを歌って売上枚数バトルを繰り広げた“ラストアイドルグラビアバトル”の勝者として、“ご褒美グラビア”を飾る。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)