波瑠主演新ドラマ「#リモラブ」はコロナ再拡大も想定「撮影を止めなくて済む確信あった」

波瑠主演新ドラマ「#リモラブ」はコロナ再拡大も想定「撮影を止めなくて済む確信あった」

日本テレビタワー外観(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/09/10】日本テレビが10日、オンラインにて2020年10月期「番組改編説明会」を実施。10月14日スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(毎週水曜よる10時〜)について櫨山裕子プロデューサーが説明した。

◆波瑠主演でコロナ禍のラブコメに挑む

同作は主演・波瑠が、恋をさぼってきた“おひとり様”産業医・大桜美々を演じ、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームが贈る“恋愛弱者”のラブコメ。

恋愛を長い事“さぼっていた”美々が、久方ぶりに真剣な恋をSNSでするが、その相手は顔も名前もわからない。しかし、どうやら社内にいるということが分かり、前途多難な恋を繰り広げていく。

同作はコロナ禍の世界を反映し、ソーシャルディスタンスの中でソーシャル・ネットワークを機に起きる恋を描く。櫨山氏は「こんな時代だからこそ、人はだれかとのつながりを大切に思うのではないか」と語り、もともとタイトルを『キスなんかしなくてもいいもんね』としようとしていたことも紹介。「“心にソーシャルディスタンスなんてない”と感じていただいて、水曜の夜を過ごして頂ければ」と明かした。

◆コロナの影響受けず撮影続行可能

また、新型コロナ感染拡大を機に急遽ストーリーを考えていたのかについて、櫨山氏は、もともと去年の夏頃から脚本の水橋文美江と“産業医のラブコメ”もありの構想を練っていたことを報告。

自身が今年4月期に「ハケンの品格」を担当し、緊急事態宣言の影響で撮影が一度ストップした経験から、「もしコロナ感染が再拡大しても、止めずにできる形を考えた。コロナが再燃しても、これだったら撮影を止めなくて済む確信があった」と、コロナ禍でも続行可能な撮影方法であることも説明した。

また「登場人物がマスクをしていたりするので、どう見えるのか手探りな場面もある」と、コロナ禍をテーマとしたドラマへの挑戦について話した。

同作には波瑠のほか松下洸平、間宮祥太朗、橋優斗(「高」は正式には「はしごだか」、HiHi Jets/ジャニーズJr.)、渡辺大、及川光博らの出演が決定している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)