内田理央、6年前の“黒歴史”再現「懐かしすぎ」とファン歓喜

内田理央、6年前の“黒歴史”再現「懐かしすぎ」とファン歓喜

内田理央(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/09/10】女優の内田理央が9日、自身のYouTubeを更新。6年前の黒歴史を再現した動画を公開し、反響が寄せられている。

◆内田理央、黒歴史語る

内田は現在更新を続けているYouTubeチャンネル「だーりおCHANNEL」を2020年7月に開設。まだ初めて2ヶ月にも関わらず、17本もの動画を更新している。

YouTubeの撮影は初めてではなく、実は6年前に所属事務所の公式チャンネルで“だーりおちゅーぶ”を全16話配信していた。

“だーりおちゅーぶ”はお題を渡され、そのお題を1分以内にクリアする番組。当時は仕事が少なく、成功すれば焼き肉を食べさせてもらえるというご褒美に釣られていたという。内田は「黒歴史ですよね」「地獄」「正直消してほしい」などと話した。

◆内田理央、黒歴史を再現

「こんなの今やったらやばいって、放送できないでしょ」と嫌がる内田だったが、撮影が始まると当時の声質もしっかり再現。

抽選箱からお題を選択し、1分間で挑戦。まず「1分間で少女漫画の主人公になりきる」を引き当て90点という高得点を叩き出した。しかし焼き肉にいける100点には及ばず。

最後に挑戦したお題は「1分で縄跳び50回」。見事成功したものの、スニーカーを履いてこなかったことが減点対象となり98点。「焼き肉への道は遠い」というセリフで締めた。

◆ファンの反響
ファンからは「懐かしすぎ」「面白いから黒歴史じゃないよ」「可愛い黒歴史」「今も6年前も可愛くて癒やされた」などのコメントが寄せられた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)