ジャニーズWEST、新冠番組スタート 体当たりで突撃取材に挑戦

ジャニーズWEST、新冠番組スタート 体当たりで突撃取材に挑戦

ジャニーズWEST(C)ABCテレビ

【モデルプレス=2020/09/11】ジャニーズWESTの新番組『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(ABCテレビ、毎週土曜深夜0時35分〜)が10月3日よりスタートすることが決定した。

同局でジャニーズWESTの冠番組がスタートしてからはや5年強。この10月からスタートする新シリーズは「突撃!」がテーマ。日本全国にたくさん存在する“理解不能”な人や場所、通称「リア凸案件」に、ジャニーズWESTが記者となって毎週突撃取材を敢行する。

そのターゲットは大きな川沿いの野草をすべて食い尽くす「リアル草食女子」、どんな苦手も克服してくれる怪しすぎる「催眠術師」、また時には海に潜ったり、マンホールに潜入したり…。もちろんスタジオでその取材の成果を厳しく、やさしく見守るのもジャニーズWESTの7人。記者魂あふれるジャニーズWESTが、ネットにも載っていない新事実を解明する「体当たりドキュメントバラエティー」をお届けする。

◆重岡大毅&小瀧望、初回の突撃取材を担当

リニューアルを重ねながら続いてきたジャニーズWESTの冠番組。「突撃!」がテーマの新シリーズは、ジャニーズWESTのメンバーが記者となってさまざまな“理解不能”な案件、通称「リア凸案件」に突撃取材していく。しかし、突撃するメンバーは取材内容を事前に教えられず、現場に着いて初めてどんなロケかを知る。そして、メンバーへの“取材報告”の場となるスタジオ収録も、他メンバーはVTRを見て初めてどんなロケだったかを知る。リアルに突撃したVTRを見るリアクションも、またリアル。とことんリアルにこだわったスタイルだ。

初回の突撃取材を担当したのは、重岡大毅と小瀧望。「多摩川の野草を食べ尽くす!リアル草食OL」を訪ねたと聞き、「新番組が始まって一発目が雑草を食べる…なの?」と不安がる桐山照史。重岡と小瀧は「雑草やなくて野草!そこが今回のポイント!」と大きく否定する。

新番組が始まるにあたり、何も説明されることなく初回収録に臨んだジャニーズWEST。重岡と小瀧が進行するトークに、なんとなく乗っかる他メンバー。「ロケに行った人が(スタジオ収録を)仕切るんやって」と説明する小瀧に、「それをここ(収録中)で聞くことってある!?」(藤井流星)と驚きながら、だんだんと番組内容を把握していく。

VTRが進むにつれて、野草OLの指南で多摩川の河川敷で次々と野草を見つけていく重岡と小瀧。まるでスタジオメンバーへの罰ゲーム(!?)のような展開に、「(スタジオパートから)VTRに戻るのこわいわ〜」(桐山)、「この番組おかしい!」(藤井)とメンバーから悲鳴も上がる。小瀧が「今(VTRで)見たらあんまり伝わってなかったっすね…」とリアル反省する場面もありつつ、いよいよクライマックスへ。無事に初回を終えた重岡からメンバーには、「ロケには心して行った方がいいよ」という貴重なアドバイスが授けられた。(modelpress編集部)

◆ジャニーズWESTコメント

― 初回収録を終えての感想

重岡大毅:気合いが入りましたし、緊張感もありました。収録が始まるまで何をするかわからないという形はあまりないですし、自分たちの番組なので、メンバーがどんなことをさせられているのかを見るのは面白いです。とはいえ、あまりロケに行きたくはない。ロケのVTRをずっと見る方でいたいですね。

小瀧望:ロケに行ったメンバーがスタジオでの収録を仕切るんですが、仕切り役もこんなにイジられるんや…って。僕の渾身のギャグをあんなにコスってもらえるとは思いませんでした。ロケ自体も僕らが初回だったので、スタッフさんに「メンバーは何も知らないので!」と説明を受けて、「じゃあ自由にやらせてもらいますね」と進めたんですが、まさかロケVTRがあんな構成になっているとは…。でも、面白く仕上げていただいてありがたいです。

神山智洋:ホンマに何も聞かされへんねや、とびっくりしました(笑)。これからスケジュールに「リア凸ロケ」と入っていたらソワソワしそうです。あと、ロケでスベったり弱みを見せたら、こんなにもメンバーにコスられるんやなと。なので僕はガチガチに(硬いロケで)行こうと思いました。

重岡:そんなん一番イジられますやん!イジりがいありますやん!

神山:収録で苦手なものの話になったんですが、もし今後現場に着いてそのロケだったら、その場から会社に電話して「事務所やめます!」って言います!(笑)

重岡:悪カミヤマが出たわ〜(笑)。

濱田崇裕(※「濱」は正式には異体字):(重岡と小瀧の)2人のロケVTRが思っていた以上にリアルで、リアクションもリアルだったので、僕はこれから初のロケに行くんですが、ちょっと怖くなってます。視聴者が気になっていることを調べる番組ですが、きっと「そんなこと気になる!?」っていうことも調べるじゃないですか。

重岡:そういえばオレ、初回のロケで「濱ちゃんは“ビリビリ”系が苦手です」って教えちゃったから、もしかしたらビリビリ系ロケかもよ。

濱田:どうしよう…オレ、ロケ行かずに帰ってもいいですか?

桐山照史:いいはずがないけど、普通にスーッと帰ってたらオモロいな(笑)。

濱田:でも視聴者が知りたいことは僕らも知りたいので、責任もって調べます!

藤井流星:VTRがめちゃめちゃ面白かった。スタジオではお土産も食べられましたし。噛めば噛むほど…やったけど。知らなくてもいいけど、知ったらちょっと嬉しくなるような情報を知れたのでよかったです。

桐山:久々に身体を張ってロケができる番組に出会えました。初回ロケでの重岡と小瀧は、ホンマに楽屋でしゃべっているようなナチュラルな感じが出ていたので、これからが楽しみです。街中にもいろいろ気になることがあると思うので、視聴者の方に「あ、これWESTに調査してもらいたい!」と思ってもらえる番組にしたい。「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビで毎週金曜夜放送)みたいな感じというか。僕らは関西で「探偵!ナイトスクープ」を見て育ったので、今の若いコたちに「リア凸で育ったんです!」と言ってもらえるようになれたら嬉しいです。

中間淳太:VTRを見ている分には楽しかったです。視聴者の方は知りたいことを安全な場所で見られるので楽しいと思います。ただ、実際に現場に行く僕らからしたら気が気じゃない(笑)。おそらくWEST史上、一番身体を張る番組になります。

― 収録前に桐山さんが「オレら最近、打ち合わせナシで始まる番組多くない?」と言っていました。

桐山:そうなんですよ。でもその中でもこの番組が一番ヒドい!

中間:呼ばれて座ったらそのまま始まったよな。誰が進行するか、とかも聞いてないし。

桐山:僕らも何が起きるかわからない。もうプチドッキリですよ。こうなったら乗っかっていくのが一番ですよね。

重岡:事前に知ってるか知らないのか、どちらも対応できるのがウチの桐山なんで。

桐山:そのフリやめろって!これはメンバーに苦情やけど、オレがバラエティー番組によく出させてもらうのもあって「よっ!バラエティー!」とか言うやん。めっちゃやりにくい!

藤井:今度、VTRを見て「照史はこのロケの内容を知ってやっている?知らずにやっている?」か当てるのをやりたい!

中間:「どっちでしょう?クイズ」ね。

重岡:「知ってる」「知らない」って書いた(クイズ用の)札、グッズで作ろう!

桐山:誰が気になんねん!(笑)放送時間持たんわ!

― 今後、視聴者の方にも「こんなことを調べてほしい」と願われると思いますが、いまみなさん自身が調べてみたい、知りたいことはありますか?

濱田:なんでもいいですか?ホンマに?エアコンって付けたり消したりすると電気代が高くなるって言うじゃないですか。それが本当なのか知りたいです。

桐山:生活の悩みや(笑)。

神山:それは高くなりますね。

濱田:あ…解決しました。

桐山:誰か金塊探してほしい。埋蔵金とか。海が好きなので、深海魚とかも興味ありますね。

― 収録では「海が苦手」と言っていましたよね…?

桐山:…苦手なんですよ。苦手なんですけど、行けと言われたら仕方なしに行きます(笑)。

神山:オレ化石掘ってみたいな。(初回の野草のように)化石好きな人と行ってみたい。

重岡:何も知らないでロケに行って、こんなジャンルがあるんや!とかこんな人がおるんや!っていうね。

桐山:そうやってオレらも楽しんでできるのが、この番組の面白さにつながると思います。

小瀧:僕の次のロケは濱ちゃんとなので、濱ちゃんが初回ロケでどういう出方をするか、初手でどう動くか。俯瞰で見ていようと思います。

中間:先輩目線やん!

重岡:むちゃくちゃ嫌われる最年少や(笑)。表現が合っているかわかりませんが、わりと肉体派なメンバーが多いし、それをお互いに「あんなことやってるわー!」と見ているのも好きなので、そういう楽しい番組にしていきたいです。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)