紗栄子、アパレルブランド「my apparel」オープン 地球にも優しいモノ作り目指す

紗栄子、アパレルブランド「my apparel」オープン 地球にも優しいモノ作り目指す

紗栄子 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/09/12】モデルの紗栄子が新たにプロデュースするアパレルブランド「my apparel」が12日にオープンした。

◆紗栄子、新ブランド「my apparel」オープン 思いを明かす

紗栄子は自身のInstagramにて、ブランドのローンチを報告。「TPOや生活か?変わることによって、または年齢によっていろんなスタイルを楽しむのか?ファッションの醍醐味た?と思いますか?、その時々て?ファッションのスタイルか?変わっても、す?っと変わらす?好きなアイテムってみんなもあるんし?ゃないかな?そんな風に、皆さんの人生に寄り添うファッションアイテムを『my apparel』て?見つけてほしい。このフ?ラント?にはそんな願いを込めました」と、ブランドに込める思いをつづっている。

「自分か?す?っと着たいと思えるものを納得した分た?け出していきたいのて?、そんなに多く型数も作らないし、このフ?ラント?は着回し提案のて?きるフ?ラント?にしたいなぁと思って作った」と明かしており、着回ししやすいよう、今後増えていくアイテムともコーテ?ィネートて?きるように意識して作っているという。

◆地球にも優しいモノ作り

また「たた?可愛いた?けて?はなく、人にも地球にも優しいモノ作りをスタッフみんなと目指します」と説明。「大量生産、大量消費て?はなく、必要な物を必要な分た?け作る。そして、消費活動か?誰かのためになる」というヘ?ーシックチャリティの仕組みも作り上げた。

「『安けれは?いい』の時代を経験した私たちか?次に目指す場所は、フェアトレート?にエシカルな消費活動。不当な労働搾取や環境破壊なと?、『安さの理由』を知った私たちは、理由を知らなかった時と同し?選択はしないよね」と投げかけた紗栄子。

「適正価格て?取引された、作り手にも消費者にもフェアなものを選択していくへ?きた?し、良いものは大切に扱えは?長く一緒に過こ?すことか?て?きるから、消費のアクションも変わっていく。人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノを日々の買い物を通し?購入したり消費することて?、世界て?起きている様々な深刻な問題を消費者として解決していくことか?て?きる。一人一人の選択か?世界に大きな影響を与えることか?て?きる」と考えをつづっている。

また「私も作り手として物作りをする上て?も、一消費者としてもしっかり意識していく事柄た?し、みんなか?手に取ってくれた時には既にその仕組みか?整っている状態にして、みんなて?一緒に社会問題に向き合っていきたい。ます?は大好きなファッションをエシカルファッションに…私はそこから始めてみます。みんなて?少しす?つ変えていきたい。そしてみんなて?幸せになりたい」と抱負を語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)