あいみょん「私の神様」スピッツの魅力を熱弁

あいみょん「私の神様」スピッツの魅力を熱弁

あいみょん(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/09/14】シンガーソングライターのあいみょんが、13日放送のテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」(毎週日曜よる11時〜)に出演。「神様」と崇めるスピッツの魅力を語った。

◆あいみょん「神様」スピッツとの出会いを回顧

以前同番組に出演した際に「スピッツの草野マサムネさんが私の神様」とリスペクトを明かしていたあいみょん。

スピッツとの出会いはあいみょんが小学4年生の時だそうで、「スピッツの『春の歌』を聴いて、めちゃめちゃ心地良くて歌声も好きやなっていうのがあって、このスピッツっていうバンドに対して『こういう男の人の声好きかも』とか純粋に音楽的に好きやなって思い始めた」と当時を回顧した。

◆あいみょん、スピッツの魅力を熱弁

そして、あいみょんはスピッツの魅力について「歌詞ですよね、やっぱり」と紹介。「マサムネさんの書く歌詞は、半分夢の中に近い歌詞なんですよ。夢の中ってつじつまとか合わへんかったりするじゃないですか。急に知らへん人現れたりとかするじゃないですか。それに近い感じがして、だからこそ繰り返し聴きたくなって想像したいし、同じ夢をもう1回見たい」と歌詞の魅力を熱く語った。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)