田川隼嗣、読者質問に回答 「“隼嗣”という名前の由来は?」「キミノリズムLINEは動いてる?」 最近やらかしたエピソードも

田川隼嗣、読者質問に回答 「“隼嗣”という名前の由来は?」「キミノリズムLINEは動いてる?」 最近やらかしたエピソードも

モデルプレスのインタビューに応じた田川隼嗣(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/10/28】上野樹里主演で、“法医学者と刑事”という異色の父娘を描く月9ドラマ『監察医 朝顔』の第2シーズンが11月2日よりスタートする。モデルプレスは同作でアルバイトの医学部生、“熊ちゃん”こと熊田祥太を演じる田川隼嗣(たがわ・しゅんじ/19)にインタビューを実施。事前に読者から募集した様々な質問に答えてもらった。


◆田川隼嗣の本格クッキングがすごい

Q.「隼嗣」という名前の由来を教えてください!

田川:「嗣」は元々お母さんが好きな漢字で、「絶対に入れたい」という意志を持って入れたと聞いています(笑)。「隼」は妊娠したと分かった時に、ふと頭に浮かんだ漢字だったそうです。

Q.料理上手な隼嗣くん。最近はどんな料理を作りましたか?

田川:インスタにも載せたんですけど、寄せ鍋を作りまして。絶対に手は抜かんとこう!と思って、前日から仕込みました。まず、常温の水でだしをとるところから。しいたけや白菜も、全部別々の工程で炒めたりして、また一つにまとめて、という風に。得意料理といえばオムライスとかも好きですけど、必ず一つ一つの工程を丁寧にします。和の心です(笑)。次は懐石料理でも作ろうかな(笑)。

本格寄せ鍋はめちゃくちゃおいしかったです。あんなに成功すると思いませんでした!

Q. 隼嗣くんの「おふくろの味」は何ですか?

田川:何が一番だろう?色々作るからなあ。(悩んで)茶碗蒸しかな。

おばあちゃんが茶碗蒸しを作るのが本当に好きで、お母さんも好きなので、代々受け継がれてきた茶碗蒸しは絶品です。だしがきいていて、食材も一つ一つ丁寧に揃えて。蒸し器に入れても泡が立たないように、ギリギリのラインを狙っています。レシピは「全てが感覚」と言われたので、まだ教わっていません(笑)。

◆ “Tシャツ後ろ前事件”に言及 ハンサムメンバーと入れ替わるなら…

Q.ハンサムでTシャツを前後逆に着てしまった(※)田川くん。最近やらかしたことはありますか?

※今年2月に行われた、アミューズ所属の若手俳優によるファン感謝祭『15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE「JUMP↑ with YOU」』(通称:ハンサム)のステージ上で起きた笑撃ハプニング

田川:あれはあかんですよ(笑)。バックステージで誰も気づいてくれなかったんですよ!逆に言うと、後ろ前に着てもすごい似合っちゃうTシャツってことですよね。でもステージにバーンってみんな揃った時、1人だけ違ったらそりゃあバレる(笑)。

やらかしたエピソードかあ…。最近あるかな?僕、絶対になんかやらかしてるんですよ。そうだ、ちょうど今朝の出来事なんですけど、お茶を腐らせました(笑)。僕、水やお茶は常温で飲むんですけど、お茶って腐らないと思ってて。今日、コップについで飲んでみたら酸っぱくて、ヤバッ!みたいな(笑)。

(どれくらい置いておいた?)常温で5日間とか6日間なんですけど…場所が悪かったのかな?(マネージャーから『まぁまぁ置いてるね』とツッコミ)あっ、まぁまぁ置いてます?(笑)ダメか〜。冷やしてれば大丈夫でしたよね。「開封したら冷蔵庫」っていう知識がなかった男です…。

Q.最近、キミノリズムLINE(※)は動いていますか?

※上記イベントで「キミノリズム」を歌った田川、福崎那由他、藤原大祐、細田佳央太、三船海斗の5人によるLINEグループ

田川:全く動いてません!(キッパリ)みんなそれぞれ個別で連絡しているので、あれは幻のLINEとなりました(笑)。ハンサムが終わった後ちょっとLINEが続いていて、みんなでワチャワチャ「ありがと〜」みたいなやり取りがあり、それで一旦解散!みたいな感じだったので、しっかり終わりました(笑)。また新しく次のLINEができるんじゃないかな。

Q.ハンサムメンバーと一日だけ入れ替わるなら、誰になって何をしたいですか?

田川:僕がその方々の特性を扱えるということですか?(笑)それで言うなら2人います!

1人は松岡広大さん。あのダンス力を味わってみたいです!体がどんな感じで動くんだろう。もう1人は甲斐翔真さんです。あの背丈から世界を見てみたい(笑)。歌もうまいから、発声もどうやっているんだろうと気になります。

(キミノリズムメンバーでは?)那由他かなあ。大祐も佳央太も三船くんも気になるんですけど、見てわかるじゃないですか。大祐はダンスも歌もできて、佳央太は自分の奥底に眠っている情熱みたいなもので固めてて、汗っかき(笑)。三船くんはあのスラッとしたイメージから、すごくいっぱい知識を持ってて…っていうのはわかるんですけど、那由他が分からないんですよ!謎の感じがちょっと気になるので、那由他の人生を一日だけ味わいたいです。「ああ、こんな風に生きてんのか〜」って(笑)。

◆もうすぐ20歳 ぐっと大人っぽくなった理由は…

Q.最近よく聴いている音楽を教えて下さい!

田川:最近は藤井風さんの「何なんw」という曲が本当に良くて。魅惑なんですよ。ギターといい声といい、表現が曲じゃない感じで、心臓を直接叩かれているような。浸透してくるというか。藤井風さん、めっちゃ好きですね。

Q.ぐっと大人っぽくなったように思いますが、この一年で一番変化を感じたことは?

田川:僕って、何かのきっかけでドカンと変わることがあまりなくて、ゆっくり培われるんですよね。(悩んで)人と話す機会が増えたことかな。そのおかげでちょっとずつ、自分の思考がまとまってきたように思います。

それと、誰かと話す時に、相手の意見を心の中で批判してみるという試みをしました。今までは人の意見を聞いたら「そうですね」って自分の中に落とし込んでいたんですけど、自分の軸を持ちたいと思った時に、人とは違う意見を持ってくることが自分の軸を作ることにつながると誰かに聞いたんです。それで積極的に誰かの意見を批判するようにしたんですけど、これが全然体に合わなくて(笑)。拒否反応を起こしました。頑張って一週間やりましたけど、全然気分が良くなかった(笑)。でもそのおかげか、そういう新たな視点が一つ身についたような気がします。

Q.20歳になって最初にやりたいことは?

田川:これは昔から言っているんですけど、絶対にひれ酒を飲みたいです。ハタチになったらすぐ飲みます(笑)。お酒に対してエキスパートの大人の方と飲んで、おいしいものを教えてもらおうかな。それこそ親とは「一緒に飲もうね」って話をしています。

(modelpress編集部)

■田川隼嗣(たがわ・しゅんじ)プロフィール
生年月日:2000年12月25日
血液型:B型
出身地:長崎県
身長:175cm
特技:ヌンチャク
趣味:料理、釣り

2014年に「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。2017年『緊急取調室』第4話(テレビ朝日系)でTVドラマデビュー。以降は舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(2017)、「いまを生きる」(2018)、木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」(2019)、映画『凜-りん-』(2019)、ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(MBS・TBS系/2020)などに出演。2021年3月12日公開の映画『ブレイブ -群青戦記-』への出演も決まっている。

アミューズ所属の若手俳優による「チーム・ハンサム!」の一員として「2020 OVER THE RAINBOW PROJECT」にも参加。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)