“NiziU見守り隊”近藤春菜&森圭介アナ、デビュー曲を熱く語る「9人でパフォーマンスした時にまた新たな意味がある」「いつ作ったのか気になります」

“NiziU見守り隊”近藤春菜&森圭介アナ、デビュー曲を熱く語る「9人でパフォーマンスした時にまた新たな意味がある」「いつ作ったのか気になります」

近藤春菜、森圭介アナウンサー (C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/11/25】お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜が25日、MCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月〜金曜午前8時)に出演。NiziUの同日解禁となった12月2日リリースのデビューシングル曲『Step and a step』のミュージックビデオ(以下、MV)について熱く語る場面があった。

◆近藤春菜、NiziU新曲は「成長していく曲」

同番組内でNiziUの成長を見守ってきた近藤は「今日になった瞬間見ました」と報告。

続けて「これは絶対にフルで見てください!フルで絶対見なきゃダメ。これは歌詞が私達聞いてる人にも刺さりますけど、NiziUの歌なんですよ、NiziUの物語なんです。フルで見ていただいたら分かるんですけど、これ9人で本当にNiziUのペースで良い、ゆっくりで良いから9人で揃ってパフォーマンスした時にまた新たな意味が起きて。この曲って成長していく曲だと思います」と、MVの一部に参加した休養中のメンバー・ミイヒに触れつつ熱く語った。

◆森圭介アナも熱弁ふるう「いつ作ったのかが気になります」

同じくMCを務める同局の森圭介アナウンサーは、既に何回も見たといい「こういうガールズグループって物語があったほうが思い入れが強いと思うんですけど、パークさんがこの曲をいつ作ったのかがとても気になります。『Make You Happy』が彼女達からの感謝の気持ちだとしたらこの『Step and a step』は彼女達自身が自身のことを歌ってるなとすごく思うんですよね。春菜さんがおっしゃる通り、これから何年後かに振り返った時に違う想いで聞ける曲になっていると思うので是非フルで聞いて下さい」と熱弁をふるった。

さらに「インタビューした時に涙を流したと語ってたメンバーがいたんですよ。その意味が歌詞もMVも含めてとってもよく分かる。パークさんがすごいってことを今回改めて感じましたね」と、NiziUの総合プロデューサーで歌手のJ.Y.Parkを称賛した。

◆NiziU、12月にデビュー

NiziUは、ソニーミュージックと韓流ムーブメントを牽引している韓国を代表する総合エンターテインメント会社 JYP Entertainmentの合同オーディション・プロジェクト「Nizi Project」より応募者1万人の中から選び抜かれたMAKO、RIO、MAYA、RIKU、AYAKA、MAYUKA、RIMA、MIIHI、NINAの9人によるグローバル・ガールズグループ。

12月2日に1stシングル『Step and a step (読み:ステップ・アンド・ア・ステップ)』をリリースし、正式デビューを予定。「NHK紅白歌合戦」への初出場決定、「2020ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30に「NiziU」が選ばれるなど、まさに“今年の顔”と呼べる人気を誇っている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)