AAA西島隆弘・生田斗真・EXIT兼近大樹…地元の自慢の芸能人<北海道編>【読者アンケート結果】

AAA西島隆弘・生田斗真・EXIT兼近大樹…地元の自慢の芸能人<北海道編>【読者アンケート結果】

(左上から)西島隆弘、金川紗耶、兼近大樹 (左下から)橘柊生、アサヒ、金子大地 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/11/25】モデルプレスは公式Instagramアカウントにて「地元の自慢の芸能人は?【北海道編】」をテーマに再アンケートを実施。ここでは、回答が多かった中から複数人をピックアップして詳しく紹介する。

◆西島隆弘
西島は、AAAの活動と並行してソロアーティスト「Nissy」としても活動し、2019年には日本人男性ソロアーティスト史上最年少での4大ドームツアーを開催するなど、めざましい活躍を見せている。

また、高音が伸びやかな美しい歌声やファン想いのあたたかい人柄はもちろん、「Nissy」として表現する唯一無二の世界観もファンから多くの支持を得ている。

◆生田斗真
2020年6月に女優・清野菜名との結婚を発表して大きな注目を集めた生田は、「東京ドラマアウォード2020」主演男優賞を受賞したドラマ「俺の話は長い」(日本テレビ系)をはじめ、数々の作品で活躍。

また、2021年1月からはドラマ「書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜」(テレビ朝日系)の主人公・吉丸圭佑役が控えている。

◆SHOKICHI&八木将康
兄・SHOKICHIは、EXILE・EXILE THE SECONDのボーカル兼パフォーマーとして活動するほか、2014年からはソロアーティストとしても活躍中。

一方、劇団EXILEに所属する弟・八木将康は、映画「癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜」(2020年)をはじめ、俳優として活躍。また、2019年には一般女性と入籍したことを発表して注目を集めた。

2018年には、SHOKICHIソロ名義での楽曲「Futen Boyz」のMVに将康が出演し、“兄弟コラボ”を果たすなど、2人の仲睦まじい様子も時折話題を呼んでいる。

◆兼近大樹
お笑いコンビ・EXITの兼近は、「よしもと男前ブサイクランキング2019」で男前1位に輝いた端正なルックスはもちろん、芸人仲間も「油断すると兼近に惚れそう」と話す、謙虚で優しい人柄も人気。

また、コンビとしてはニュース番組のMCや吉本コンビ芸人初のファンクラブ開設、兼近単独では、雑誌「anan」の裏表紙・グラビアに登場するなど、芸人の枠を超えた活動も話題を呼んでいる。

◆金子大地
金子は、ドラマ「おっさんずラブ」(2018年、テレビ朝日系)への出演をきっかけに知名度を上げると、「腐女子、うっかりゲイに告る。」(2019年、NHK)でテレビドラマ初主演を務め、同ドラマで「第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」新人賞を獲得。

また、2022年放送予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも源頼家役での出演が決まっており、若手俳優として今後の活躍に期待が高まっている。

◆橘柊生
橘は、ダンスロックバンド・DISH//のキーボード・DJ「To-i」・ラッパーと、マルチに活動。また、以前行ったモデルプレス読者アンケート「DISH//の好きな曲は?」でも人気の高かった楽曲「Loop.」では、作詞作曲にも関わるなど、多彩な才能も人気を集めている。

さらには、ドラマ「FAKE MOTION ‐卓球の王将‐」(2020年、日本テレビ系)をはじめ、俳優としても活躍中だ。

◆金川紗耶
乃木坂46の4期生として活動する金川は、その大人びた顔立ちや透き通った色白肌、スラッとした抜群のスタイルでファンの心を鷲掴みに。

また、「第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER」で堂々ランウェイデビューを飾ると、その後は雑誌「Ray」専属モデルにも抜擢され、アイドル・モデルと多方面で活躍している。

◆アサヒ
Little Glee Monster(通称リトグリ)のメンバー・アサヒは、グループのハーモニーを支える優しい歌声や明るくキュートな笑顔、少し天然な愛くるしいキャラクターで、男女問わず多くのファンを魅了している。

またグループとしては、12月16日に17thシングル「Dear My Friend feat. Pentatonix」を発売予定、2020年の「NHK紅白歌合戦」にも2017年から4年連続で出場決定と、安定した活躍を見せている。

ほか、全20人のラインナップはモデルプレスInstagramで公開。(modelpress編集部)

■独自企画「モデルプレス読者アンケート」
モデルプレスInstagram:https://www.instagram.com/modelpress/

モデルプレスInstagramストーリーズにて実施。投票数だけでなく「読者コメントの熱量」「読者コメントの説得力」「モデルプレス編集部の目利き」で総合的に判断して選出。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)