<この恋あたためますか 第7話>樹木、浅羽の言葉に動揺

<この恋あたためますか 第7話>樹木、浅羽の言葉に動揺

森七菜、中村倫也/「この恋あたためますか」第7話より(C)TBS

【モデルプレス=2020/12/01】女優の森七菜が主演を務め、中村倫也らが出演するTBS系火曜ドラマ「この恋あたためますか」(毎週火曜よる10時〜)の第7話が1日、放送される。

◆森七菜主演ドラマ「この恋あたためますか」

オリジナル脚本となる同作で主演を務める森がひょんなことからスイーツ開発を手掛けることになるコンビニ店員・井上樹木、中村が樹木が勤めるコンビニチェーンの社長・浅羽拓実を演じる。

コンビニチェーンの社長とアルバイト。それぞれ歯に衣着せぬ物言いで、ことあるごとに立場を超えて対立する2人だが、コンビニスイーツの開発を通して次第にお互いを意識し惹かれあっていく。

また、スイーツ製作専門の会社「ドルチェキッチン」に所属し、樹木と共にスイーツ開発をする新谷誠役として仲野太賀、樹木とコンビニ本社「ココエブリィ」商品部スイーツ課に勤務する北川里保役として石橋静河が出演。樹木、浅羽、新谷、北川の仕事と恋の四角関係にも期待が高まる。

◆第7話あらすじ

勢いで伝えた「好き」の言葉が、実は浅羽(中村倫也)に聞こえていたことを知り、さらに浅羽から「伝えなきゃいけないことがある」と言われ、動揺する樹木(森七菜)。

そんななか、ココエブリィ上目黒店では、温泉への研修旅行で浅羽が思いついた「コンビニの新しい形」がスタートした。だが、そこで働く浅羽と里保(石橋静河)の姿を後から知った樹木は、気持ちを切り替えようとする。

一方、一向に変わらない樹木との関係を前進させるべく、新谷(仲野太賀)はある決心をする。

(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)