<2021年・年女>中条あやみ・生田絵梨花・TWICEミナ・上戸彩…“丑年美女”から目が離せない

<2021年・年女>中条あやみ・生田絵梨花・TWICEミナ・上戸彩…“丑年美女”から目が離せない

(上段左から)山本舞香、生田絵梨花、中条あやみ、杉咲花、ミナ(Getty Images)、(下段左から)今田美桜、齊藤京子、上戸彩、蒼井優、松嶋菜々子 (C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/01/01】2021年、今年の干支は“丑(うし)”。丑年の芸能人の中には、今年活躍が期待される美女たちが勢揃い。ここでは、年女を迎える女性芸能人を一挙に紹介していく。


◆中条あやみ

中条あやみは、1997年2月4日生まれ。「ミスセブンティーン2011」グランプリを受賞し芸能界入りし、現在は、「CanCam」専属モデルとして活躍中。2012年、ドラマ「黒の女教師」(TBS系)で女優デビュー後、数々のドラマ・映画に出演している。

「東京ガールズコレクション」を始めとするファッションショーではランウェイのトップバッターを飾ることも多く、モデルとして確固たる地位を築いた中条。2020年はドラマ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」(NHK)で主演を務めたほか、映画「水上のフライト」にも出演。女優としても飛躍の年となった。

2021年は、これまでにない規模の大型連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(Season1※全10話:2021年1月スタート、毎週日曜よる10時30分〜放送予定/Season2※全6話:2021年3月スタート、Huluオリジナル配信)に出演。初めての医師役に挑戦する。

◆杉咲花

杉咲花は、1997年10月2日生まれ。ドラマ「夜行観覧車」(2013年/TBS系)、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(2018年/TBS系)、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年)、「パーフェクトワールド 君といる奇跡」(2018年)など、数々の作品に出演している。2020年もその勢いは止まらず、映画「弥生、三月-君を愛した30年-」、「青くて痛くて脆い」で活躍した。

また、その可愛らしい性格も人気を集め、「杉咲花のFlower TOKYO」(TOKYO FM)で2年以上ラジオパーソナリティを務めている。

現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(NHK総合/月〜土曜あさ8時〜)では主演を演じている杉咲。圧巻の演技力でどんなジャンルの作品も彩る彼女が、今後の展開ではどのような表情を見せてくれるのか、注目が集まっている。

◆山本舞香

山本舞香も、1997年10月13日生まれの丑年。鳥取県出身で「鳥取美少女図鑑」に掲載されていた写真を見てスカウトされ、2011年、ドラマ「それでも、生きてゆく」(フジテレビ系)で女優デビューを果たした。

2020年はドラマ「死にたい夜にかぎって」(MBS・TBS系)、「ハケンの品格」(日本テレビ系)など、4本のテレビドラマ、映画「今日から俺は!!劇場版」「とんかつDJアゲ太郎」と2本の映画に出演した。また、TBS系「王様のブランチ」(毎週土曜9時30分〜14時)でレギュラーを務めるなど、幅広く活躍している。

飾らない性格や、斬新なファッションで女性からも高い人気を誇る山本。1月10日には、スペシャルドラマ「アプリで恋する20の条件」(日本テレビ系/よる10時30分〜)に本田翼・杉野遥亮らとともに出演予定。今年も活躍の1年となりそうだ。

◆今田美桜

1997年3月5日の今田美桜。2016年に上京し、「福岡一可愛い女の子」として話題となった。2018年のTBS系ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」の真矢愛莉役でブレイクを果たし、高い位置でツインテールをする“愛莉ヘア”は若い女性の間で大きなブームに。

2020年、女優活動に専念するため、2nd写真集「ラストショット」(講談社)で“ラスト水着”を披露。ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)、「半沢直樹」(TBS系)、「親バカ青春白書」(日本テレビ系)、映画「ヲタクに恋は難しい」など、シリアスな作品からコメディまで振り幅を見せ、確かな演技力を発揮した。

北村匠海・吉沢亮ら注目の若手俳優が豪華集結する2021年公開の映画「東京リベンジャーズ」ではヒロイン・橘日向役に抜擢された今田。今年はさらに飛躍の1年になること間違いなしだ。

◆小芝風花

2020年は「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ)でのヒロイン役で話題となり、続く「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日)で民放連続ドラマ初主演を果たした小芝風花も年女。

昨年はオスカー所属10年目の大飛躍で、人気コスメブランドの広告塔にも抜擢されるなど勢いに乗る年に。2021年も1月期の主演ドラマ「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」(テレビ朝日)が控えており、今年さらなるブレイクが期待される。

◆乃木坂46生田絵梨花

生田絵梨花は、1997年1月22日生まれ。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。10thシングル「何度目の青空か?」でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍している。

また、アイドルとしての活動以外に「レ・ミゼラブル」(2017・2019年)や「ロミオ&ジュリエット」(2017・2019年)など多数のミュージカル作品にも出演。2020年も「キレイ―神様と待ち合わせした女―」、「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜」「Happily Ever After」と多彩な作品で活躍した。またオリジナル連続ミュージカルドラマ「とどけ!愛のうた」(Paravi/全5話)にて、連続配信ドラマ初主演を務めた。

そのほか、各局の音楽特番でピアノの腕前を披露したり、美声を響かせたりと、乃木坂46イチの才色兼備っぷりで多くの人々を魅了している生田。2021年もそんな彼女から目が離せない。

◆TWICEミナ・ジヒョ

アジアナンバーワンとも言われる多国籍9人組ガールズグループ・TWICEに所属しているミナとジヒョも、今年満24歳を迎える。

コロナ禍でコンサートツアーが中止になってしまったものの、9thミニアルバム「MORE & MORE」、2ndフルアルバム「Eyes wide open」などの新曲リリースや音楽番組の出演などで、2020年もファンを楽しませ続けた彼女たち。韓国から中継で日本の音楽番組に出演していたのも印象深い。

日本人メンバーのミナは2021年1月に初のソロ・フォトブック「Yes, I am Mina」を発売することが発表され、ファンの期待も高まるばかり。今年もTWICEの勢いは止まらない。

◆そのほか、1997年生まれの次世代女優・モデルたち

そのほか、女優では黒島結菜、芳根京子、武田玲奈、玉城ティナ、中村ゆりか、福地桃子、井桁弘恵、モデルでは“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都、藤井サチ、佐藤ノア、小室安未、多屋来夢、アンジェラ芽衣、タレントとしても活動するフリーアナウンサーの井口綾子、タレントの丸山礼らが名を連ねる。

◆“丑年アイドル”も豊作

また、1997年生まれはアイドルも豊作。

坂道グループでは、乃木坂46の山崎怜奈、櫻坂46の上村莉菜、土生瑞穂、尾関梨香、守屋茜、日向坂46の齊藤京子が24歳を迎える。

AKB48は、加藤玲奈、岡田奈々、村山彩希、茂木忍、湯本亜美、北澤早紀、田北香世子、稲垣香織、清水麻璃亜、高橋彩音(※「高」は正式には「はしごだか」)、小田えりな、大西桃香、SKE48は、松井珠理奈、石川花音、熊崎晴香、佐藤佳穂、NMB48は、2020年12月に卒業した村瀬紗英のほか、現役メンバーに白間美瑠、石塚朱莉、加藤夕夏、HKT48は森保まどか、本村碧唯、熊沢世莉奈、今田美奈、NGT48は中井りかが1997年生まれだ。

また、韓国のガールズグループ・BLACKPINKのロゼとリサ、2020年をもって解散したE-girlsのメンバーで今後は個人で活動する坂東希、私立恵比寿中学の星名美怜、シンガーソングライターの井上苑子も。

「ハロー!プロジェクト」からは、モーニング娘。の生田衣梨奈と石田亜佑美、アンジュルム竹内朱莉、Juice=Juice高木紗友希、稲場愛香が年女となる。

◆今年36歳・1985年生まれの人気タレントたち

今年36歳を迎える1985年生まれには、「半沢直樹」(TBS系)で熱演を見せた上戸彩、2019年に南海キャンディーズの山里亮太と結婚した蒼井優のほか、宮崎あおい、満島ひかり、木南晴夏、松下奈緒、相武紗季、貫地谷しほり、中川翔子、加藤夏希、入山法子、マイコらが名を連ねている。

また、益若つばさ、西山茉希、鈴木えみ、ヨンア、道端アンジェリカ、後藤真希、シシド・カフカ、加藤綾子、ギャル曽根、藤本美貴らも丑年だ。

◆変わらぬ美貌で魅了する1973年生まれ

また、昨年7月に「やまとなでしこ 20周年特別編」(フジテレビ)が放送され、変わらぬ美貌が話題を呼んだ松嶋菜々子や、篠原涼子、宮沢りえ、深津絵里らベテラン女優陣は今年48歳を迎える。

女優・モデル・アイドル…各界のスターが集結した子年の年女。彼女たちの今後の活躍にも期待が寄せられている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)