千代は再び高城百合子と/おちょやん21日あらすじ

千代は再び高城百合子と/おちょやん21日あらすじ

朝の連続テレビ小説「おちょやん」制作発表会見に臨んだヒロインの杉咲花(2019年10月30日)

女優の道を生き抜き「大阪のお母さん」と呼ばれた、女優浪花千栄子さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月〜土曜午前8時)。千代(杉咲花)は山村千鳥一座を経て、ついに、京都の鶴亀撮影所に初めて足を踏み入れることになりました。女優としての第1歩を踏み出しますが、そこは、今まで経験しなかった魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界のようです。次回のあらすじを紹介します。

女優修業のため、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼み、初デートをした千代は、はからずも初めての恋を経験する。動揺を隠せない千代は翌朝、小暮と会うも普段通りに接することができない。しかし小暮の口から思いがけず、撮影所で見かけた一平(成田凌)の近況を知ることになる。一方、混乱を極める「太陽の女・カルメン」の撮影。現場から抜け出した高城百合子(井川遥)と再び、鉢合わせる千代だった…。