療養中SHEIRA、5月にくも膜下のことなど話す

療養中SHEIRA、5月にくも膜下のことなど話す

SHEILA(16年1月撮影)

5月末にくも膜下出血で緊急手術を受け、療養に専念しているタレントSHEILA(46)が、近況などをファンに報告する場を設ける意向を示した。

SHEILAは15日、インスタグラムを更新。自身の娘と息子が仲良く並んでアイスクリームを食べる動画をアップし、「寒い中アイスクリーム 私も真似したかったけど寒くて無理だった。なかよし 息子がでかすぎて、どっちが上か分からない。因みに息子は4月から1年生。娘は3年生。どうなることやら」とつづった。

続けて「5月にくも膜下の話し、リハビリ、活力、その他、時間の許す限り話したいと思います」と予定を明かし、「是非いらして下さいね。また近くなったらここにアップします」と呼びかけた。

SHEILAは5月31日に体調を崩して都内の病院に救急搬送され、病院で診断を受けたところ、くも膜下出血であることが分かり、緊急手術を行っていた。以来、芸能活動は休止状態にあるが、昨年12月に約7カ月ぶりにインスタグラムを再開し、リハビリの様子などをつづっている。