伊月が覚えた嫌な予感/「24」第14話あらすじ

伊月が覚えた嫌な予感/「24」第14話あらすじ

テレビ朝日系ドラマ「24 JAPAN」の会見に出席した、左から池内博之、仲間由紀恵、唐沢寿明、栗山千明、木村多江

テレビ朝日系連続ドラマ「24JAPAN」(金曜午後11時15分)が第14回を迎えます。日本初の女性首相誕生に期待が高まる総選挙当日に発生する緊急事態に立ち向かうテロ対策ユニット班の活躍を描きます。第14話のあらすじを紹介します。

    ◇    ◇    ◇

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長の獅堂現馬(唐沢寿明)は、テロ実行グループに誘拐された妻の六花(木村多江)と娘の美有(桜田ひより)を救出した。2人を病院へ送り出し、聴取を受けるためCTUに残ったが、胸騒ぎがしてならず、A班チーフの水石伊月(栗山千明)に妻子の様子を見に行くように依頼する。病院に向かった伊月だが、2人に割り当てられた病室で、ある人物と遭遇したことで、嫌な予感を覚える。

その頃、現馬が1度は食い止めたはずの総理候補の朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画は、秘密裏に新たな動きを見せていた。黒幕のアンドレ林(村上淳)の指揮のもと、新たなテロリストが日本へ入国していた。その情報をつかんだA班暗号解析係長の南条巧(池内博之)は、新班長の小畑緑子(霧島れいか)に報告し、即座に麗を避難させるべきと進言する。

一方で、闇の情報屋の上州(でんでん)に脅迫された麗は、息子の朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラーの葵塔子(西丸優子)の死の真相を、これ以上追及しないと決意。他殺を疑い、警察に通報しようとする夕太と、真っ向から対立してしまう。すると麗の周辺では、意外な人物が怪しい行動を取り始めることになる。