谷あさこ初写真集は「田中みな実さんを参考に」

谷あさこ初写真集は「田中みな実さんを参考に」

ファースト写真集のお気に入りカットを紹介する谷あさこ(撮影・菅敏)

“美人大食いフリーアナ”谷あさこ(27)が23日、都内のHMV&BOOKS SHIBUYAで同日、発売された初の写真集「Ch■rie」(シェリー)発売記念囲み会見を開いた。タイトルの「Ch■rie」はフランス語で「愛する人、いとしい人」を意味し、「いつまでも愛される人でありたい」という、谷の願いが込められている。田中みな実が大好きで「田中みな実さんの写真集を参考にしました」と笑みを浮かべた。白石麻衣の写真集もチェックしたという。

谷は、身長155センチ、バスト81センチ、ウエスト60センチ、ヒップ85センチと細身ながら、すし98皿、うどん16玉、肉3・8キロ、ハンバーグ3・5キロ、ピザ7キロ、カツ丼5キロを完食する驚異の大食いを誇る。一方でレギュラー出演中のBSフジ「美BODYサロン」(毎月第4木曜深夜0時)で、元K−1世界王者魔裟斗(41)とともに体を鍛え、20年9月に美しい体を競う「ベストボディ・ジャパン」のさいたま大会に出場。ミス・ベストボディ部門ガールズクラス(18〜29歳)で4位、モデルジャパン部門・ガールズクラスでは2位に入った。同12月の日本大会では、モデルジャパン部門ガールズクラス(18歳〜29歳)3位に輝いた。

撮影は、ベストボディ・ジャパン出場の合間を縫って9月中旬に都内と千葉で行った。体を鍛え抜く一方で、写真集のためには女性らしい丸みを帯びた体をキープしなければならず、そのさじ加減に苦労したという。脂肪を減らすために牛乳を豆乳に変えるなどしていたが、撮影前には体に丸みを出すためにあえて脂肪のある、カロリーの高い食べものを食べ、トレーニングは負荷の高いものからストレッチ主体に変えたという。「ガリガリではなく、グラビアなどでほどよい丸みは残せたのかなとお尻がコンプレックスなので、丸みを出すには…大好きな唐揚げを食べました。撮影後(ベストボディ・ジャパン日本大会まで)5、6キロ絞りました」と振り返った。

谷は18日に、動画配信サイト・ニコニコチャンネルに初の1人MC番組「谷あさこのまんぷくWalker」を開設。日本最大級のおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」とコラボして月1回、生番組を配信。食をテーマに毎回、ゲストを招き、いつもはどんな料理を食べているのか、家で普段、作っている料理のレシピ、おすすめグルメスポット情報など、ゲストの食生活に谷が、ゆるく迫る。前日22日には初の生配信を行った。番組でのゲストとのトーク内容は、ウォーカープラスにも連載記事として毎月、掲載していくなど、活動の幅を広げている。今後については「ドラマが好きなので、お芝居をやってみたい。意外と、悪役…いじめっ子をやってみたいですね。田中みな実さんが大好き。お芝居もされている」と笑みを浮かべた。

この日は当初、同所で発売記念イベントを開催する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下にあることを考慮し、イベント自体は3月13日に延期した。

※■はアキュートアクセント付きE小文字