三吉彩花、葵わかなとの「カップルっぽさ出てきた」

三吉彩花、葵わかなとの「カップルっぽさ出てきた」

「The PROM」の制作発表で、あいさつするアリッサ役の三吉彩花(撮影・酒井清司)

モデルで女優の三吉彩花(24)が16日、都内で、葵わかな(22)主演のミュージカル「The PROM」製作発表会見に出席した。三吉はミュージカル初出演。

昨年、結成25周年を迎えた岸谷五朗(56)寺脇康文(58)による演劇ユニット「地球ゴージャス」初の海外作品。

同作は、2018年にブロードウェイで開幕。19年にはトニー賞7部門にノミネート、20年12月にはNetflixで映像化もされ、世界的にも注目を集めており、日本初上演となる。

三吉は、葵演じるレズビアンの女子高生で主人公エマの恋人、アリッサを演じる。今回が葵と初共演で「本読みして、稽古場でお会いしたときから、リアクションの感じ、醸し出すものが似ているなと思っていました。結構、周りの方にも、『2人って、なんか違うけど、すごい似ているよね』って言っていただけるのが、だんだん、カップルっぽさが出てきたのかなと思い、すごくうれしいです」と、息のピッタリさをアピールした。

しかし、女子高生役としては、少し落ち着きすぎていると分析。「なんと言っても女子高生なので、意外とこう、我々、まだ20代前半ですが、落ち着いてるよねと言われるので、そこをフレッシュさを、もう少し頑張って2人で出していきたいと思います」とたどたどしく語った。

続けて「キラキラ、ニコニコして、元気はつらつに、失われかけていた部分でもあるので、もうちょっと、パアって、していけるように頑張りたいと思います」と自虐気味に語り、笑いを誘った。

物語の舞台は、アメリカの高校。卒業生のために開かれるダンスパーティー、プロムで、レズビアンの主人公エマが、さまざまな人たちとの触れ合いにより、自分らしく生きることを貫こうと奮闘する姿が描かれる。

3月10日から、東京・TBS赤坂ACTシアター、5月9日から、大阪・フェスティバルホールで上演される。他に大黒摩季(51)草刈民代(55)保坂知寿(59)霧矢大夢(46)らも出席した。