パラサイトが外国作品賞「光栄」/ブルーリボン賞

パラサイトが外国作品賞「光栄」/ブルーリボン賞

ブルーリボン賞受賞者一覧

東京映画記者会(日刊スポーツなど在京スポーツ紙7社の映画担当記者で構成)が主催する第63回ブルーリボン賞が、23日までに決まった。

   ◇   ◇   ◇

外国作品賞「パラサイト 半地下の家族」配給のビターズ・エンド定井勇二代表(54)「カンヌ映画祭、アカデミー賞はじめ、世界中で評価されてきた本作が日本でも多くの観客の方々に愛され、またブルーリボン賞もいただけて光栄です」。

◆ブルーリボン賞 1950年(昭25)創設。「青空のもとで取材した記者が選出する賞」が名前の由来。当初は一般紙が主催していたが61年に脱退し、67〜74年の中断を経て、東京映画記者会主催で75年に再開。ペンが記者の象徴であることから、副賞はモンブランの万年筆。主演男、女優賞受賞者が、翌年の授賞式で司会を務めるのが恒例。

※第63回ブルーリボン賞授賞式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を見送ります。