高須院長「解禁なう」パラオ大統領から国家機密入手

高須院長「解禁なう」パラオ大統領から国家機密入手

高須院長パラオ国家機密入手

高須院長「解禁なう」パラオ大統領から国家機密入手

高須克弥院長

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、パラオ共和国のトミー・E・レメンゲサウ・jr.大統領から“国家機密”の情報を聞いていたことを明かした。

高須氏は過去に、パラオの少年たちに柔道着をプレゼントしたり、同国が深刻な水不足に陥った際には飲料水用に300万円を寄付するなどしていたが、そうした縁からか9日にはツイッターで「パラオ大統領と晩飯なう」とレメンゲサウ氏との写真をアップ。「パラオ大統領はめっちゃ親日だよ。意気投合。すでにダチ」とつづった。

レメンゲサウ氏は8日に安倍晋三首相と官邸で会談しており、その翌日に同氏と会食する高須氏のつながりにファンは驚き。さらに高須氏は、「昨日は天皇陛下と会食だったパラオ大統領。『月曜日までは誰にも言うな。国家機密だ』とパラオ大統領に釘さされていた』 解禁なう」(原文まま)と明かした。