ピエール瀧容疑者キャラのPS4ゲーム販売など自粛

ピエール瀧容疑者キャラのPS4ゲーム販売など自粛

瀧やキムタク出演ゲーム自粛

ピエール瀧容疑者キャラのPS4ゲーム販売など自粛

ピエール瀧容疑者(17年9月撮影)

ミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が、麻薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたことを受け13日、セガゲームスが、同容疑者がキャラクターとして出演するPS4のゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の製作出荷とダウンロード販売を当面の間自粛することを発表した。

同社は、公式サイトで、「弊社製品『JUDGE EYES:死神の遺言』の出演者であるピエール瀧容疑者が逮捕されたことは、大変遺憾なことと受け止めております」と記した。「弊社では逮捕報道を受け、現在事実を確認中ですが、当面の間、当該製品の出荷及びDL販売、製品HPの掲出等を自粛させていただくことといたしました。お客様ならびに関係の皆様にご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます」とつづった。

今後の対応は、検討の上決まり次第伝えるという。昨年12月13日に発売された同作は、人気ゲーム「龍が如く」シリーズを手がけるチームが制作した最新作。ゲーム内には木村拓哉中尾彬、谷原章介や滝藤賢一らもCGキャラクターとして出演している。