ケーシー高峰さん死去 肺気腫、8日朝に危篤状態

ケーシー高峰さん死去 肺気腫、8日朝に危篤状態

ケーシー高峰さん

「医事漫談」で人気を集め、映画やテレビドラマの脇役としても活躍したタレントのケーシー高峰(けーしー・たかみね、本名門脇貞夫=かどわき・さだお)さんが8日午後3時30分ごろ、肺気腫のため福島県いわき市の病院で死去した。85歳。山形県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妻詠子(えいこ)さん。また、お別れ会などは行わないという。

関係者によると、昨年4月下旬に体調を崩し、いわき市内の病院に入院。肺気腫と診断され、約3週間入院した後、5月中旬に退院し、自宅で療養していた。調子がよくなり、昨年9月には一時、仕事に復帰したが、体力の衰えから自宅で療養していた。今年に入って3月上旬、再び体調が悪化して入院。4月8日朝に危篤状態となり、同日午後3時30分過ぎに妻ら親族、親しい仕事関係者にみとられて亡くなったという。いわき市には、空気がきれいだからとの理由で30年ほど前に移住していたという。

ケーシー高峰さんは日大芸術学部を卒業後、司会業を経て漫談家に。テレビ番組に出演し「セニョール」などのスペイン語を交えながら、白衣を着てお色気交じりで医学の知識を紹介する医事漫談で親しまれた。その後、映画「楢山節考」「塀の中の懲りない面々」への出演をはじめ、俳優としても活躍した。