卒業発表チーム8人見古都音、山田菜々美と競演で涙

卒業発表チーム8人見古都音、山田菜々美と競演で涙

結成5周年記念コンサートで「初恋ドア」を披露するAKB48チーム8(撮影・大友陽平)

AKB48のチーム8が14日、山梨・河口湖ステラシアターで「結成5周年記念コンサート」を行った。

昼公演の前座では、グループ卒業を発表しており、今回が最後のコンサートとなる人見古都音(18=岡山)が「桜の木になろう」をソロで披露。さらに山田菜々美(20=兵庫)と「今ならば」を歌うと、お互い涙を流した。

前日13日と合わせて、4公演全てに出演する地元山梨出身の左伴彩佳(20)は「レッスンがみんなの倍あるので、休憩がなかった。でもそれも思い出で、逆に全員と出られるので、楽しみに頑張ります」。「47の素敵な街へ」などでセンターを務め、アンコールの「アリガトウ」ではピアノを伴奏するなど活躍した。

17年に加入した山田杏華(16=大分)は、同年の3周年コンサートでの思い出を振り返り「実は、ファンの方が一緒に踊ってくれている振りを見て、踊ってました」と明かし、笑いを誘っていた。