堀ちえみ 食道がん手術終了「進行がんではなく」

堀ちえみ 食道がん手術終了「進行がんではなく」

堀ちえみ

15日にステージ1の食道がんを公表したタレント堀ちえみ(52)が16日、自身のブログを更新し、内視鏡での手術を終えたことを明かした。

「無事終わりました」のタイトルで午後8時前に更新。「午後から始まった、食道癌の内視鏡手術は、一時間程で無事に終わりました」と報告した。

その上で主治医、スタッフへの感謝を示し、「手術では癌がある部分の、粘膜下層より上を剥離したそうです。これから検体を病理検査に出して、深さを判定した結果により、今後の治療方針が決まります」「取ってみた感触で主治医の先生曰く、進行癌ではなさそうとの事です。それを聞いて、少しだけホッとしました」と心境をつづっている。

手術途中で出血があったというが、食事もゆっくりと進めていけるといい、退院も1週間強で可能な状況としている。

ファンやユーザーから届いたメッセージについても「とても嬉しかったです。たくさんの温かい言葉、心強い励みになりました。優しさをありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。今回の病気は早期に発見できた事が、とても大きかったと思います」「たくさんの皆様に、感謝の気持ちを忘れず、これからも歩んでいきたいですありがとうございました」などと記した。

堀は、2月にステージ4の舌がんを公表し、舌の約6割を切除するなど11時間に及ぶ大がかりな手術を受けた。15日に食道がんを公表したが、舌がんの転移や再発ではないとししている。