麻木久仁子、五輪選手毎日コロナ検査「なぜ国民にも同じことをしないのか」

麻木久仁子、五輪選手毎日コロナ検査「なぜ国民にも同じことをしないのか」

麻木久仁子(18年2月撮影)

タレント麻木久仁子(58)が、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの参加選手に対する新型コロナウイルス感染症の検査に関する組織委員会の橋本聖子会長らの発言を受け、「ではなぜ、国民の安全を守るために同じことをしないのか」と政府の対応に疑問を呈した。

麻木は22日、ツイッターを更新し、橋本会長と武藤敏郎事務総長が21日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会出席後に取材に応じた報道記事に言及。選手に行う新型コロナウイルス感染症の検査頻度について「原則的には毎日検査をしていく方向になろうかと思っています」と述べたことに、「コロナを封じ込め選手の安全を守る。その意味で橋本会長は正しい」とした上で、「ではなぜ、国民の安全を守るために同じことをしないのか。政府は説明するべきです。何をすべきかわかってるのに、それを国民に対してはやらないってことですから。怒りを禁じ得ない」と私見を述べた。

続くツイートでも「結局、五輪をやるならグローバルスタンダードに準拠せざるを得ないのです。だから『毎日検査』と。そう!それでいいのです。日本国民にもグローバルスタンダードを適応してくだされば、それでよいのです!」と、組織委員会の意向を支持。「五輪の費用を負担している国民が、それを望むのは当たり前だよね」とした。

×