「エール」日村おじさん第7週振り返り16・9%

「エール」日村おじさん第7週振り返り16・9%

連続テレビ小説「エール」ヒロイン発表会見で笑顔を見せる窪田正孝と二階堂ふみ(2019年6月3日撮影)

NHK連続テレビ小説「エール」(月〜土曜、午前8時)の16日に放送されたバナナマン日村勇紀が1週間を振り返り、ナビゲートした第7週目分の平均視聴率が16・9%(関東地区)だったことが18日、ビデオリサーチの調べで分かった。同作から土曜の内容は1週間を振り返る形となっている。

第7週のドラマの関東地区平均視聴率は20・6%、21・3%、21・6%、21・2%、21・3%だった。

朝ドラ好きで自称「朝ドラおじさん」と語る日村は、夫婦げんか中に音が音楽学校のプリンスこと佐藤久志(山崎育三郎)に相談をしている所に裕一がやって来て、裕一と久志が再会したことに「プリンスが久志だったんですね。この再会は裕一人生を大きく変えるらしいんです」とコメントした。

主演は窪田正孝、ヒロインに二階堂ふみ。物語は高校野球の「栄冠は君に輝く」や、阪神タイガース応援歌「六甲おろし」などで知られる数々の名曲を手掛けた作曲家古関裕而氏とその妻をモデルにした、音楽とともに生きた夫婦の物語。

主題歌「星影のエール」をGReeeeNが歌う。朝ドラ初の4K撮影で窪田&二階堂のタイトルバック映像にも、その美しい風景が使われた。