ピエール瀧被告に懲役1年6月、執行猶予3年の判決

ピエール瀧被告に懲役1年6月、執行猶予3年の判決

ピエール瀧被告(19年4月4日撮影)

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が18日、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡された。

初公判は今月5日に行われ、検察側は懲役1年6カ月を求刑していた。瀧被告の担当弁護士は初公判後、「執行猶予がつくと思いますよ」と話していた。

起訴状によると、同被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンションで、コカイン若干量を吸引したとしている。