生島ヒロシ、学生への寄付で母校法大から感謝状

生島ヒロシ、学生への寄付で母校法大から感謝状

生島ヒロシ(左)は法大の田中優子総長から感謝状を贈られた

フリーアナウンサー・生島ヒロシ(69)が3日、東京都千代田区の法大で、新型コロナウイルス禍で苦しむ学生たちへの寄付に対しての感謝状を田中優子総長(68)から贈られた。

母校からの感謝状に生島は「2年で中退した私ですが、これからは母校のために尽力させていただきます」と学生支援に対する今後の全面協力を約束した。

田中総長は「せっかく夢を抱いて大学に入って来た学生が、アルバイトも出来ず、学費が払えなくなって大学を辞めざるをえなくなってしまう。そんな時の寄付。金額もさることながら、卒業生に対する呼び水効果もあり大変、ありがたく身にしみております」と感謝の言葉を贈った。

生島は、5月に法大と青山学大学に合計1000万円の寄付をしている。