アイドルたこ虹の楽曲「なにわのはにわ」が再び注目

アイドルたこ虹の楽曲「なにわのはにわ」が再び注目

「おでかけ発見バラエティ かがくdeムチャミタス!」のPR会見に登場した左から石田靖、たこやきレインボーの春名真依、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、堀くるみ(外部提供)

お笑いタレントの石田靖(53)と関西出身のアイドルグループ「たこやきレインボー(たこ虹)」が20日、大阪市のテレビ大阪で同局「おでかけ発見バラエティ かがくdeムチャミタス!」(日曜午前11時)のPR会見に登場した。

8月25日の放送分で、大阪で初の世界遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」を訪れる。仁徳天皇陵古墳や堺市博物館を巡りながら、古墳に関する知識をクイズ形式で紹介する。

音楽クリエーターの「ヒャダイン」こと前山田健一氏が作詞、作曲、編曲を担当し、たこ虹が14年に発表した楽曲「なにわのはにわ」が再び注目を浴びている。今回、世界遺産決定記念バージョンも発表された。メンバーの清井咲希(19)は「まさかこんな形で、5年後にこんなことになるとは思ってもみませんでした」と話し、石田は「ラッキーパンチやな! 風が吹いているよ」と喜んだ。