川栄李奈「あいさつ大切」自ら経験を就活学生に助言

川栄李奈「あいさつ大切」自ら経験を就活学生に助言

一流企業の採用担当者らと記念撮影を行う川栄李奈(撮影・中島郁夫)

 元AKB48の女優川栄李奈(22)が7日、都内で行われた学生向け就活準備イベント「CAMP SUMMIT 2017」に特別講師として出席した。AKB48時代は「おバカ」キャラで人気を博したが、この日はパーソルキャリア株式会社の佐藤裕氏から質問を受ける形で、真面目なトークを展開。自らの経験を生かし、約250人の学生たちにアドバイスを送った。

 15年にAKB48を卒業して以降、16年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ多くのドラマや映画に出演。今月からはauのCMにも出演するなど、女優として活躍中だ。常に心掛けていることを聞かれ、「すごく低姿勢でいることです。あいさつや礼儀が一番だと思っています。いくらお芝居がうまくても、かわいくても、礼儀とかがなってないとダメだと思う。人間としてできることをしなければいけないと思います」と答え、学生たちをうならせていた。

 高1だった10年、AKB48に加入した当時も振り返った。「テレビで見るAKB48しか知らなかったので、劇場公演があると知らなかったんです。歌やダンスのレッスンもつらかった」。想像と現実のギャップに苦しんだ時期もあった。「オーディションに落ちている人がいる中で受かったのは、自分に何かがあるんだろうなと思って、頑張らなきゃ、と切り替えました」と当時の心境を明かした。

 女優転身にあたって、「おバカ」キャラからの脱却も試みたという。「キャラクターを消すために、あまりしゃべらないようにして、おとなしい雰囲気に見せるようにしています」と明かし、笑いを誘った。ラストは「皆さんも、好きなこと、やりたいこと見つけて、それをそのまま仕事にするのは難しいかもしれないけど、何かそれに近いことを探してみたらいいんじゃないかと思います」と学生たちを激励。拍手を浴びていた。【横山慧】

 ◆川栄は現在、フジテレビ系ドラマ「僕たちがやりました」(火曜午後9時)に出演中。9月23日からはNHKドラマ「アシガール」(土曜午後6時5分)にもレギュラー出演する。出演映画は「亜人」が9月30日、「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」「嘘を愛する女」が来年に公開を控える。auのほか、オリックスなどのCMに出演するなど、女優として幅広く活躍している。