エール放送再開66話、古山家に青年が…18・7%

エール放送再開66話、古山家に青年が…18・7%

連続テレビ小説「エール」ヒロイン発表会見で笑顔を見せる窪田正孝と二階堂ふみ(2019年6月3日撮影)

NHK連続テレビ小説「エール」(月〜土曜、午前8時)の14日に放送が再開された第66回の平均視聴率が18・7%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。 

同作から土曜の内容は1週間を振り返る形となっている。最高視聴率は第37回の22・1%。

主演は窪田正孝、ヒロインに二階堂ふみ。物語は高校野球の「栄冠は君に輝く」や、阪神タイガース応援歌「六甲おろし」などで知られる数々の名曲を手掛けた作曲家古関裕而氏とその妻をモデルにした、音楽とともに生きた夫婦の物語。

主題歌「星影のエール」をGReeeeNが歌う。朝ドラ初の4K撮影で窪田&二階堂のタイトルバック映像にも、その美しい風景が使われている。

「エール」は4月1日から撮影がストップ。6月27日の振り返り回を最後に一時放送中断となり、同29日以降は第1回から再放送。現在放送中の再放送は9月11日で終了し、同14日から放送を再開すると発表した。

あらすじは、ある日、茨城なまりの田ノ上五郎(岡部大)が裕一(窪田正孝)を訪ねて古山家にやって来た。作曲家になりたい田ノ上は水戸の奉公先で聞いた「船頭可愛いや」や「福島行進曲」などをつくった裕一の曲に励まされたことを伝え、弟子にしてもらいたいとお願いに来たのだった。裕一は音(二階堂ふみ)と話し合い、断った。しかし田ノ上はあきらめずに翌日も、また次の日も古山家を訪れた。根負けした裕一は田ノ上の話を聞くことにした。そして必死に頼み込む田ノ上に弟子になることを承諾した。一方、文芸ノ友新人賞を受賞した音の妹の梅(森七菜)も実家では執筆できないと突然上京してきた。そして、田ノ上に梅、そして古山家の5人での生活が始まった、という内容だった。