AKB大家志津香と中西智代梨「本気で」M1初挑戦

AKB大家志津香と中西智代梨「本気で」M1初挑戦

M−1グランプリ2020の1回戦に挑戦するAKB48中西智代梨(左)と大家志津香(C)AKB48

AKB48大家志津香(28)中西智代梨(25)が、漫才日本一決定戦「M−1グランプリ」に初挑戦する。14日、制作のABCテレビと吉本興業が発表した。

大家は、所属するワタナベエンターテインメントの先輩でお笑いタレントふかわりょう(46)が好きで、芸能界入りしたほどのお笑いファン。バラエティーで活躍の場を広げている。

「昔から漫才、漫才師さんが大好きでした! AKB48の最終オーディションで『秋葉原の劇場に立てたら何をしたい?』と聞かれて『漫才やりたいです』と答えたくらいです。それが印象に残ってAKB48に入れたと、後日スタッフさんから聞きました」と思いを語った。「漫才師の方々に負けないくらい本気で挑戦しますので、ぜひ応援よろしくお願いします!」と呼びかけた。

中西はHKT48からAKB48へ移籍し、「バラエティー担当」の盛り上げ役的存在となっている。昨年、2人は、女芸人ナンバーワン決定戦「THE W」でコントを披露したが、1回戦敗退。中西は「それがすごい悔しくて悔しくて…。リベンジさせてもらうためにM−1に出ることを決意しました」と明かした。

「人生で初めての漫才、今は楽しくて仕方ないですが、予選の日が近づくにつれて緊張するんだろうなと思います。緊張しないようにとにかく稽古あるのみ! 頑張ります!」と意気込みを語った。