森七菜主演ドラマに石橋静河「物語を駆け抜けたい」

森七菜主演ドラマに石橋静河「物語を駆け抜けたい」

石橋静河(2018年7月25日撮影)

女優森七菜(19)が連ドラ初主演を務める10月スタートのTBS系火曜ドラマ「この恋あたためますか」(午後10時)に、若手注目女優・石橋静河(26)が出演することが16日、分かった。

同作はコンビニチェーンの社長と、アルバイト店員がオリジナルスイーツ開発を通してひかれ合うオリジナル脚本によるラブストーリー。森の働くコンビニチェーンの社長役を中村倫也(33)演じる。

コンテンポラリーダンサーとして活躍し、15年に女優デビューした石橋は、NHK連続テレビ小説「半分、青い」、FOD配信ドラマ「東京ラブストーリー」などに出演して話題になった。今作では、コンビニ本社「ココエブリィ」商品部スイーツ課に勤務する北川里保役を演じる。

スイーツ製作専門会社「ドルチェキッチン」に所属し、中村とともにスイーツ開発をする新谷誠役を仲野太賀(27)が演じる。

中村、森、石橋、仲野の恋の四角関係にも注目が集まる。

石橋は「20代後半というと多くの人にとって新人と呼ばれる年齢を過ぎ、先輩と後輩のはざまでゆれながら自分らしい生き方を模索する、そんな悩み多き年頃なのかなと思います。北川里保という人も、そんな年頃を一生懸命生きる女性です」と役柄を紹介。「作品に何層もの厚みをもたらすような、素晴らしい役者さんの皆さんと共に、悩み、そして楽しみながらこの物語を駆け抜けたいと思います。お楽しみに!」と呼び掛けた。

仲野も「慣れない恋愛ドラマではありますが、森さん、中村さんをはじめとする魅力的なキャストの方々、頼もしいスタッフの方々と共に、心があたたまるドラマを作っていけたらと思います」と意気込んだ。

同作の火曜午後10時は、16年10月期「逃げるは恥だが役に立つ」や1日に最終回を迎えた「私の家政夫ナギサさん」など話題作が多く、「この愛−」にも期待が高まる。