中尾明慶「尊敬されてます」息子に自慢の鼻高仕事

中尾明慶「尊敬されてます」息子に自慢の鼻高仕事

ナレーションを務めるNHK・Eテレ「かいじゅうステップ ワンダバダ」の会見に出席した中尾明慶

俳優中尾明慶(31)が19日、都内のNHKで、ナレーションを務めるEテレ「かいじゅうステップ ワンダバダ」(27日スタート、金曜午後5時20分)の会見に出席した。

ウルトラマンシリーズに登場する怪獣たちが子供になって登場して活躍するアニメ。

妻の女優仲里依紗との間に5歳の長男のいる中尾は「息子がウルトラマンを好きなのですが、俳優をやっていても、おそらくウルトラ隊員の役はこないと思っていた時に(仕事の)話をいただいた。ナレーションでも、息子の保育園の友達にも喜んでもらえる仕事ができるならと、やった」と仕事を引き受けた理由を説明した。

息子に同作のDVDを見せると「パパ、これ面白いね」と言われたとし、登場するキャラクターに「子供たちの生活の一部を見ているようで、親として子育てする上で考えさせられる作品」と語った。

一方、声の仕事に「僕ね、顔が出ないと嫌なんですよ。楽しいですが、自分が出たいタイプだから僕の怪獣を描いてほしい」と冗談めかした。

息子には日頃、自身の出演ドラマなどは、見せていないというが、同作のDVDを息子に見せると、ナレーションの声に「あ、これパパの声だ」と気付かれたという。中尾は「ちょっと今、僕は鼻が高いです。怪獣のお仕事しているパパはすごいとなっている。尊敬されています。きのう僕の仕事を知ったと思います」とうれしそうに語った。