北村匠海「縄文」松坂桃李「戦国」行きたい理由は?

北村匠海「縄文」松坂桃李「戦国」行きたい理由は?

アニメ映画「HELLO WORLD」の公開初日舞台あいさつを行った、左から伊藤智彦監督、浜辺美波、北村匠海、松坂桃李、福原遥(撮影・松本久)

北村匠海(21)松坂桃李(30)浜辺美波(19)福原遥(21)が20日、都内で、アニメ映画「HELLO WORLD」(伊藤智彦監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

2027年の京都を舞台に、10年後から来たという「自分」が現代に現れるSF青春ラブストーリー。

声優初挑戦の北村は「アニメ声優の夢がかなった。実写とは違う感覚でした」と振り返った。

タイムスリップができるなら、どの時代で何をしたいかとの質問に、北村は「縄文時代に行きたい」と即答。「アウストラロピテクスと対話をしたい。北京原人にも会いたいし、マンモスの肉のステーキを食べたい」と笑顔で話した。

松坂が行きたいのは「戦国時代」。そこで、現存する宮本武蔵の剣を持って構えてる絵が、実際に正確なのかを確認したいとう。「気になるんですよ」。

夢を語る!? 男性とは異なり、女性陣は若干現実的だった。浜辺は「小2時代に戻りたい」。一生の体脂肪はその頃に決まるとされているとして「当時の自分に食育をしたいです」。

福原は「未来に行きたい。2027年です。車が空を飛んでいるかどうか…。未来の世界を味わいたい」と語った。