Flower今月で解散「それぞれ未来に」佐藤晴美

Flower今月で解散「それぞれ未来に」佐藤晴美

今月いっぱいでグループ解散を発表したFlower。左から重留真波、佐藤晴美、鷲尾伶菜、坂東希、中島美央

女性ダンス&ボーカルグループFlowerが、今月内をもって解散することが20日、分かった。公式サイトなどで発表された。

メンバーの中島美央(25)が、サッカーJ2町田ゼルビアのFW富樫敬真(けいまん=26)と結婚し、現在妊娠中であることを発表。年内を引退することで、メンバーと協議を重ねた結果、それぞれが新しい道へ進むことを決断したという。所属事務所は「グループ結成時からこれまで、Flowerに変わらぬ愛と応援を送ってくださった多くの方々に心から感謝申し上げます。そして、新たなスタートを控えているメンバーたちを、変わらず応援していただけますと幸いです」とした。中島以外のメンバーは、今後もE−girlsやソロとして活動を続けていく。

Flowerは10年4月に、当初は4人組ダンスグループとして結成され、その後メンバーの加入や卒業を繰り返しながら、9年間活動してきた。リーダーの重留真波(24)は「少し前からメンバーそれぞれがこれからの未来、人生について考えるようになり、グループの存在や個々の活動について向き合う時間があった中で、メンバーはもちろんスタッフさんとも何度も話して今回のような答えを出させていただきました」。また、E−girlsのリーダーでもある佐藤晴美(24)は「メンバーとしてとてもうれしい気持ちが込み上げるとともに、グループのことを思った時、このタイミングでそれぞれの未来に進むべきだと感じ、Flowerでの活動にピリオドを打つことを決断いたしました」。

ボーカルの鷲尾伶菜(25)は「Flowerとして表現してきたもの全てが、きっとメンバーそれぞれの人生にとって財産になっているはずですし、今後の活力となり勇気となり、きっといい方向へと導いてくれる経験になっていると思います」と思いを明かすとともに、中島に「改めてみおちん、おめでとう。幸せになってね。そしてまたいつかメンバーのことを想って曲を作るので、その時はメンバーに1番に聴かせたいです」とつづった。