初ZEROの有働アナ「あいさつ最初からやらせて」

初ZEROの有働アナ「あいさつ最初からやらせて」

有働由美子アナ(2017年7月18日撮影)

フリーアナウンサー有働由美子(49)が1日、日本テレビ系報道番組「news zero」(月〜木曜午後11時、金曜午後11時30分)で、キャスターデビューした。

黒のワンピース姿で登場した有働キャスターは番組冒頭、「こんばんは。はじめまして。有働由美子と申します。今日からnews zeroを引き継がせていただきます。早速ですが、ノーベル賞日本人受賞という、驚くようなニュースが入ってきました。こんな日にnews zeroを始めることができてうれしいです」と話した。

「このnews zeroですけど、世の中がいろいろ動いていて、何が正しいのか、どういう価値観でニュースを見たらいいのか、正直自信がありません。そこで、みなさんのニュースに関する考えを送っていただき、会話するニュースとして伝えていきたいと思います。ニュースとその先を一緒に考えてください」と“会話するニュース”を訴えた。

嵐の櫻井翔(36)は「引き続き月曜日を担当させていただきます」と登場し、「有働さんが言うとおり、動きのある会話の中から、うねりを作れるような番組を作っていけたらなと思っています」と話した。

有働の「頼りにしています」に櫻井は、「お互い支え合いながらよろしくお願いします」と返していた。

番組最後の「みなさんの声」では、「有働さん少しテンション高めでテンパリ気味。落ち着いて見られるのは来週からですかね」の投稿に、「ものすごいテンパっていて、最初のあいさつをもう1回最初からやらせてほしい。ものすごくかっこいいのを考えていたんです」と悔やんだ。

キャスターデビューを「いろいろ不手際があって申し訳ありませんでした」の謝罪で締めた。その後はタレントのマツコ・デラックスとアイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五がMCを務める日本テレビ系バラエティ番組「月曜から夜ふかし」にゲスト出演した。