モンエン西森が腹腔内膿瘍で入院 来週退院の予定

モンエン西森が腹腔内膿瘍で入院 来週退院の予定

西森洋一(2018年12月18日撮影)

お笑いコンビ「モンスターエンジン」の西森洋一(40)が、腹腔内膿瘍(のうよう)のため、大阪市内の病院に入院していることが7日、分かった。この日夕、自身のツイッターを更新し、報告した。

西森は「今、入院しております。」と始め、点滴治療を受ける写真とともに、入院加療中であることを伝えた。西森、及び所属事務所などによると、10月31日から入院しており、回復傾向にあるという。

西森は退院時期について「回復方向に向かい、早くて来週初めより復帰する予定です。長引く可能性もあります」と触れた。

西森は、大阪・ABCラジオ「喜多・西森のゆかいな金曜日!」(金曜午前9時)のレギュラーも持っているが、1日の同ラジオを欠席。2日の福岡でのイベントも中止となっていた。

これについて、西森は「ご迷惑(を)かけた方々申し訳ございませんでした。ライブに来てくださるはずだった方々、本当に申し訳ございませんでした」との謝意も伝えた。

西森は大林健二(36)とのコンビで、上半身裸に黒スパッツをはき、暇を持て余した「神様」にふんした「神々のコント」でブレーク。M−1グランプリ、キング・オブ・コントへの決勝進出経験もある。