「別に…」フルヌードも/沢尻エリカお騒がせメモ

「別に…」フルヌードも/沢尻エリカお騒がせメモ

沢尻エリカ(2019年5月8日撮影)

女優沢尻エリカ容疑者(33)が16日、合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで、警視庁組織犯罪対策部5課に逮捕されたことが分かった。

沢尻容疑者は、これまでも奔放な行動でたびたび話題を振りまいていた。

  ◇  ◇  ◇

▼「ノリ」で芸能界

 安室奈美恵にあこがれ「単にノリ」で小学6年の時にオーディションを受けて、芸能界入り。中学生モデル、グラビアアイドル、女優と駆け上がった。

▼初ヒロイン

 05年「パッチギ!」で初ヒロイン。鬼指導で知られる井筒和幸監督からは、1度も怒られなかった。同作で日刊スポーツ映画大賞・新人賞を受賞。

▼「別に…」

07年の主演映画「クローズド・ノート」舞台あいさつで、金髪のウイッグに緑色のシフォンのヒョウ柄ドレスで登場。作品への思い入れについては「特にないです」。撮影中に手作りクッキーを差し入れした気持ちを聞かれると「別に」。終始、腕組みをしたままで、素っ気ない態度で物議をかもした。舞台あいさつ後のパーティーでは「今日はうまく伝えられず申し訳なかったです。皆さんのおかげでここまでくることができました」と、感極まって涙も見せたが、バッシングを受け、一時活動休止状態に。

▼結婚と離婚

09年にクリエーターと結婚。同年に当時の所属事務所から契約解除となる。翌年に離婚の意思を示したが、直後にスペインで事務所を立ち上げ、夫と同居していることも明らかに。その後は夫と離婚を巡る見解の違いが露呈し騒動となったが、13年に離婚。

▼フルヌード、ドラッグ風俗嬢

12年映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督、R15+指定)で5年ぶりにスクリーンに復帰し、初のフルヌード解禁。全身整形の後遺症に悩むモデルを演じた。15年公開の「新宿スワン」では薬物におぼれる風俗嬢を演じた。

▼初大河に涙

来年の「麒麟がくる」でNHK大河初出演することが発表済み。演じるのは斎藤道三の娘の帰蝶。3月の会見では「芸能生活20周年にして、やっと、ようやく、大河に出演することができました。沢尻エリカの集大成をここで…。これが本当に自分の集大成と思っています」と声を詰まらせていた。