安子は金太にあんこ作りを教わろうと/カムカムエヴリバディ24日あらすじ

安子は金太にあんこ作りを教わろうと/カムカムエヴリバディ24日あらすじ

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

上白石萌音、深津絵里、川栄李奈が3世代ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月〜土曜午前8時)。ラジオ英語講座を題材に、昭和、平成、令和と100年にわたる家族の物語を描きます。

第4週「1943−1945」

学徒動員に応じて、稔(松村北斗)と勇(村上虹郎)は出征。安子(上白石萌音)は娘のるいを授かる。一方、戦況は悪化し本土への空襲が頻度を増す中で、岡山も大空襲を受け、市内の大半が焦土に。その後まもなくして終戦を迎える。空襲で家族を失い、悲しみに暮れる安子だったが、父の金太(甲本雅裕)に和菓子作りを教わり、焼け跡で和菓子を売り始める。そんな中、安子の元にさらなる訃報が届く。

◆第18回のあらすじ◆

空襲で、ひさ(鷲尾真知子)と小しず(西田尚美)を亡くした金太は、空襲からひと月たっても床に伏せ続け、心と体は回復しないままでした。安子もまた、金太の世話をしながらも母と祖母の死を現実として受け入れられません。そして8月15日、ラジオからは玉音放送が流れ、日本は終戦を迎えました。ある日、安子はお供えのおはぎをつくろうと、金太にあんこの作り方を教えて欲しいと声をかけますが…。