NGT佐藤海里は大の鉄道好き「旅番組出てみたい」

NGT佐藤海里は大の鉄道好き「旅番組出てみたい」

大好きだという鉄道との写真を納めたアルバムを手に笑顔を見せる佐藤海里(C)Flora

NGT48研究生の佐藤海里(20)は大の鉄道好きです。自分と同じ名前の列車(海里)があることを知った昨年秋から鉄道にハマったといい、今は「撮り鉄」として、絶賛“見習い”中。同期との劇場公演でも活躍する「かいり」の魅力を知る旅に、出発進行〜♪【大友陽平】

   ◇   ◇   ◇

NGT一の鉄道好きだ。まだ日は浅いが、日々勉強しているという。

「興味を持ったきっかけは、昨年の秋くらいに自分と同じ名前の観光列車『海里』が走るというニュースを見たことでした。『え? 海里?』って思って、いろいろ調べてみると、新潟を走る電車が引退するという記事も見つけて、『電車に引退とかあるんだ!』って驚いたり…。どんどんのめり込んでいきました」

最初は「乗り鉄」だったといい「電車の情報を調べてから乗ると、すごく楽しいことに気がつきました。それにお弁当を食べたり、景色を見たりしながら、心が安らぐなあって。もっと勉強して、もっと追求して、趣味の一環にしたい、自分自身も楽しんでました」。

今は「撮り鉄」として“見習い”中。SNSでも積極的に発信している。

「祖父が使っているカメラを借りて撮っています。実力はまだまだで、きれいに景色と一緒に撮ることが課題です。これまで撮った写真の中でお気に入りなのは、115系の写真ですかね。今は本数もどんどんなくなってきているので、レアな写真が撮れたのではないかと思います」

新潟県内には、JRの車両製作所や発電所もあり、鉄道のゆかりも深い。

「車両製作所では山手線とかも造られているので、すごいですよね! 公園とかに、蒸気機関車(SL)とか、鉄道車両もよく展示されているので、今後はそういうところも巡ってみたいです。それに、新潟は四季がはっきりしているので、鉄道と雪とか、鉄道と緑とか、鉄道と一緒に魅力を伝えられると思うので、すてきな写真も撮って、その魅力を発信していきたいです。もっともっと勉強して、将来は鉄道の旅番組とかにも出てみたいです!」

○…佐藤は現在、「はるか村村民会議」公演をはじめ、同期のドラフト3期生とともに「ドラ3ねんせい」公演に出演している。同期との公演については「いろいろな表情や表現が出来る公演になっています。最初の5曲は、今までNGT48の先輩たちでやってきた演目から選んでます。見どころは『夢は逃げない』。NMB48研究生の楽曲なんですけど、振りが今までで1番激しいので、そろえたり、覚えたりするのにも苦戦しました。力を入れたからこそ、よく見てもらいたいです」。ドラフト指名から3年がたとうとしているが「私以外の3人も個性が豊かですし、4人でいると安心できます。みゆみゆ(藤崎未夢)がセンターになったり、(安藤)千伽奈が御代田町の大使になったり、仕事の幅を広げていて、誇らしい同期だなと思います。私もファンの皆さんには『明るいよね』『元気だよね』と言われることが多いのですが、NGTの元気印になりたいと思います」。

◆佐藤海里(さとう・かいり)2000年(平12)8月5日、新潟市生まれ。愛称「かいり」。18年1月の「第3回AKB48グループドラフト会議」でチームN3に2巡目指名され、加入。鉄道関連以外の特技は、餃子店巡りとY字バランス。血液型A。